編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、社内の「Windows 10」配備に関するケーススタディを公開

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-22 10:48

 MicrosoftのIT部門によると、「Windows 10」でインプレースアップグレードを採用した結果、リリースから4週間以内に社内における配備率が85%に達したとともに、10週間以内に社内の95%に配備するという同部門の目標を1週間早く実現できたという。

MicrosoftのIT部門によると、「Windows 10」でインプレースアップグレードを採用した結果、リリースから4週間以内に社内における配備率が85%に達したという。

 同社のIT部門が米国時間12月14日に公開した「Deploying Windows 10 at Microsoft as an in-place upgrade」(Microsoft社内における、インプレースアップグレードによるWindows 10の配備)というレポートによると、「Windows 10の配備は、MicrosoftのIT部門がこれまで全社に向けて配備してきたOSのうちで最も迅速に進んだ。この迅速な配備を実現した重要なテクノロジが、Operating System Deployment(OSD)だ」という(OSDは「System Center 2012 R2 Configuration Manager SP1」の機能)。

 同レポートはMicrosoft自身によって作成されたものであるため、同社が遭遇した問題についての記載は期待できない。しかし、このレポートに記載されている「得られた教訓」やベストプラクティスは、Windows 10の配備を計画している中小企業のIT部門にとっても(そしておそらくは大規模企業のIT部門にとっても)興味深い内容となっているはずだ。

 Microsoftはインプレースアップグレードの採用によって、同社が「Windows 7」を配備した時のようにOSイメージを管理する必要性を無くすことができた。

 同レポートによると、Microsoftでは社内におけるほとんどのコンピュータが同社ネットワークに接続されている時間帯に必須アップグレードをスケジューリングしたため、ヘルプデスクに対する影響が抑えられ、サポートコストをおよそ50%削減できたという。

 Windows Insider Programに参加しているユーザーであればご存知だろうが、MicrosoftはWindows 10の開発および配備プロセスの一環として、自社内でも同OSのビルドをテストするための、「リング」と呼ばれる複数のグループを設けている。

MicrosoftはWindows 10の開発および配備プロセスの一環として、自社内でも「リング」と呼ばれる複数のグループを設けている
キャプション

 Microsoftの社内には現在、「Canary」(カナリア)リングという、ごく一部の従業員らが参加し、最新ビルドを毎日受け取るリングがある。そして、「Operating Systems Group」(OSG)というリングもあり(Canaryリングが検証したビルドをテストする)、さらにより大きな「Microsoft」リングもある(OSGリングが検証したビルドをテストする)。Windows 10は、7月の初リリースに先立って、約3万8000人のユーザー、すなわち同社従業員の約40%によって使用されていたのだ。

 Windows 10の早期導入段階に入る前、Microsoft社内のコンピュータの「ほとんど」では「Windows 8.1」が稼働していたが、「Microsoftが最近実施した企業買収」の結果、「Windows 7」上での動作を前提に開発された業務アプリも多数あったという。

 筆者としては、Windows 10アップデートを異なるブランチ経由で提供する戦略についても、社内でうまく行ったのか(あるいは行かなかったか)を、MicrosoftのIT部門に教えてもらいたいところだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]