編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

シマンテック、ベリタスの売却価格を大幅に引き下げ

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-21 11:08

 SymantecはVeritasの売却が6億ドル減額となることを認めた。今回の買収における「不確実性」が原因としている。

 Symantecは米国時間1月19日、Veritas売却の合意が「修正」されたと投資家に報告した。これにより、当初の価格から大幅に低い74億ドルが売却の価格になるという。

 情報管理事業であるVeritasの分割は、Symantecの事業再編の一部となる。当初、売却先のグローバル資産管理企業Carlyle Groupは80億ドルでVeritasを買収することになっていた。

 当時、SymantecはVeritas売却により、一般的な調整を経て実際に受け取る現金は約63億ドルとなる見込みで、株式買い戻しプログラムを26億ドルに増額する予定だとしていた。

 修正後、Symantecが受け取るのは約53億ドルの現金(税引後)となり、Veritasに残るオフショアの現金は2億ドルから4億ドルに増額する。Symantecはまた、Veritasの持分4億ドル相当を維持する。

 Symantecは売却合意見直しの理由に「不確実性」と「困難な情勢」を挙げているが、詳細な情報は開示されていない。Reutersは、金融市場の変動により、取引の一助となるはずだった56億ドルの債務パッケージの売却がうまくいかなかったと報じている。

 取引は29日に完了する見通しだ。

 Symantecはこれとは別に、2016会計年度第3四半期(1月1日締め)の決算についての予想も発表した。Symantecは2015年11月5日に出したガイダンスで売上高の予想を8億9000万ドルから9億2000万ドルとしており、最新の予想ではこの中間を上回るレベルになる見通しとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]