編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ミドネット新版「MEM5.0」、リアルタイムにNWトラフィックを可視化

ZDNet Japan Staff

2016-02-08 18:31

 ミドクラ・ジャパンは2月3日、ネットワーク仮想化ソフトウェア「ミドクラ・エンタープライズ・ミドネット(MEM)」の新版「MEM5.0」をリリースした。仮想ネットワークの状態をリアルタイムに分析・管理するツール「MEM Insights」を新たに実装している。

 MEMは、仮想化されたL2~L4ネットワークサービスをIaaSクラウド向けに提供するソフト。L2オーバーL3分散型仮想スイッチ、仮想ファイアウォール、仮想レイヤ4ロードバランサなどの機能を備える。OpenStackのネットワークコンポーネント「Neutron」のプラグインとして、OpenStack環境に最適化された仮想ネットワークを提供する。

 最新版のMEM5.0に追加されたMEM Insightsは、ネットワーク管理者向けに運用・保守に必要な詳細情報を視覚的に提示するツールで、以下のような機能を備える。

  • フローヒストリー
    故障対応に必要な物理と仮想環境を含めたパケットフローを、過去からさかのぼって検索する
  • トラフィック利用状況レポート
    テナント毎のネットワーク利用状況について、指定した期間の履歴を確認できる。ネットワークの利用量に応じて課金するといったNetwork as a Serviceの提供に利用可能
  • トラフィックカウンター
    リアルタイムでネットワークの使用帯域や負荷を確認できる。ネットワーク全体のパフォーマンスを維持し、問題にいち早く対応するために有用
  • ポートミラーリング
    ポート、ブリッジ、ルータなどの機器をミラーリングする。ネットワークに起きるインシデントの素早い発見などに役立つ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]