編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

レッドハットとNEC、NFVを共同開発--OpenStack上でキャリアグレード

NO BUDGET

2015-02-10 19:02

 米Red HatとNECは2月10日、オープンソースソフトウェア(OSS)のIaaS環境構築管理ソフトウェア「OpenStack」上でキャリアグレードのネットワーク機能仮想化(Network Functions Virtualization:NFV)システムを実現するために共同開発を進めていることを公表した。共同開発したNFV対応機能はOpenStackディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform(RHEL OSP)」にも実装されているという。

 両社は10年以上OSSの共同開発で協業している。ここ数年は、通信ネットワークに関するNECの知識を活用したNFVシステムとOpenStackの統合作業に重点を置いてきた。

 NECのネットワークとIT両面で蓄積されたノウハウとグローバルで進めている通信キャリアとの共同NFVプロジェクトでの経験は、OpenStackのNFV対応機能開発に生かされていると説明。それらはRHEL OSPに統合され、通信キャリアが仮想化に移行できるよう設計されている。

 これによって、データプレーン開発キット(DPDK)によるデータプレーンの高速化を含む、OpenStackとハイパーバイザ「KVM(Kernel-based Virtual Machine)」のNFV機能の高速化が可能になり、キャリアグレード/キャリアスケールのシステムを実現しているという。

 これらの活動成果はOpenStackコミュニティへ還元され、RHEL OSPは、NFVのための主要クラウドプラットフォームとして活用できる。この協業の直接的な結果として生まれたNFV機能のいくつかはOpenStack の「Juno」リリースに含まれており、また次の「Kilo」リリースでの実装が予定されている。

 今回は、信頼性が高く、オープンでスケーラブルなOpenStackベースの通信キャリア向けクラウドプラットフォームを実現し、NFVの普及を目指すと解説。OpenStackベースのクラウドプラットフォーム上で実現されるNECのNFV技術には“モバイルパケットコア仮想化(virtualized Evolved Packet Core:vEPC)や“ユーザー宅内装置の仮想化(virtualized Customer Premises Equipment:vCPE)”などがある。

 NECとRed Hatは協業関係を継続し、RHEL OSPとNFVの統合と最適化、OpenStackとOpen Platform for NFV(OPNFV)を含むOSSコミュニティへの貢献を続けていくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]