NTT Com、「NFV」技術を提供--ファイアウォールなどをクラウドから利用

NO BUDGET 2014年05月30日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズは5月29日、1月に買収を完了したVirtela Technology Servicesのネットワーク機器の機能を仮想化する技術「NFV(Network Functions Virtualization)」や運用ノウハウを活かした機能をネットワークサービス「Arcstar Universal One」のオプションとして提供する。7月から海外で、8月から日本国内で販売する。

 NFVは、各種ネットワーク機器の機能をサーバなどに機能集約して提供する。今後提供するサービスでは、これまで物理的に構築していたWAN高速化装置やファイアウォールなどのネットワーク機器を仮想化できる。ポータル画面などを通じてユーザー企業自らが必要に応じてネットワークや各種機器の設定変更ができる。導入コストを削減、納期を短縮できるという。

 今後提供されるクラウドサービスは、アプリケーション高速化やファイアウォール、IPSec VPNゲートウェイ、SSL VPNの4つを予定している。

 クラウド型アプリケーション高速化では、アプリケーションの性能を向上させることで、グローバル規模でのIT活用やクラウド上のアプリケーション処理も迅速に対応できるという。

 クラウド型ファイアウォールでは、ファイアウォールや攻撃防御、マルウェア対策、URLフィルタリングなど必要なセキュリティサービスをパッケージ化し、クラウド上で提供する。NTT Comの世界50の接続拠点の中から最寄りの拠点を経由して安全にネットに接続できるという。

 クラウド型IPSec VPNゲートウェイでは、パブリッククラウドや各拠点からもネットを活用し迅速に安全な企業ネットワーク環境を構築できるとしている。クラウド型SSL VPNでは、さまざまなモバイル端末から、社内システムに安全にリモートアクセスできるという。

 今回のサービスでユーザー企業が自前で構築、保有していたネットワーク機器についても、ストレージやサーバなどのクラウド化とあわせてクラウド上で利用することで、50%超の運用コスト削減、数カ月から数分への納期短縮など、柔軟で利便性の高い高信頼のネットワークを利用できるという。導入モデルと効果は図のようなイメージとなっている。

ケース1
クラウド型アプリケーション高速化サービスを10拠点で利用
ケース2
クラウド型ファイアウォールサービスを10拠点で利用

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算