編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IPアドレス変更せずに接続--NTT Com、VMwareのネットワーク仮想化でメニュー拡充

怒賀新也 (編集部)

2013-11-07 10:55

 ヴイエムウェアは11月6日、ネットワーク環境を仮想化する「VMware NSX」を、サービスプロバイダーのNTTコミュニケーションズ(NTT Com)が自社のサービス基盤として採用すると発表した。

 NSXは抽象化、プール化、自動化という仮想化の要件をサーバ領域だけでなく、ネットワークを含めたデータセンターのすべてのリソースやサービスに拡大する「Software-Defined Data Center」のアーキテクチャに基づく。ITのプロビジョニングと運用管理を簡素化するという。

 今回の発表は、NTT Comが6月に発表したヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術の採用を一歩進めるもの。導入対象は、NTT Comは自社で提供する「Bizホスティング Enterprise Cloud」(BHEC)だ。顧客企業の自社運用システムとNTT ComのBHEC間を、オンプレミスの既存サーバに付与されているIPアドレスを変更することなく接続する「オンプレミス接続サービス」を実現した。

 また、BHECとは別のクラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」でも、ヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を採用し、新サービスの提供を開始した。従来は実現できなかった複数ネットワークセグメントに対応し、パブリッククラウドでも企業の複雑なシステムのアウトソーシングに柔軟に対応するサービスを実現したとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]