編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

DOS時代からWindowsの黄金時代まで--ブラウザで動く古典OS - 2/10

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-03-03 06:15

IBM PC-DOS 1.00
 コマンドラインで制御するDOS(Disk Operating System)は、パソコンの誕生と、PC業界におけるMicrosoftの台頭の始まりとともにリリースされた。

 このOSは、「CP/M」のクローンをリブランドしたもので、1981年に発売されたIBM製の初めてのPCのためにMicrosoftから供給されたものだ。しかし、MicrosoftはMS-DOSの所有権を手放さず、このOSは競合他社が生み出した無数のIBM PCクローンでも動作することになった。

 このエミュレータでは、モノクロディスプレイを搭載した仮想IBM PC(Model 5150)上で、「IBM PC-DOS 1.00」が利用できる。

IBM PC-DOS 1.00
 コマンドラインで制御するDOS(Disk Operating System)は、パソコンの誕生と、PC業界におけるMicrosoftの台頭の始まりとともにリリースされた。

 このOSは、「CP/M」のクローンをリブランドしたもので、1981年に発売されたIBM製の初めてのPCのためにMicrosoftから供給されたものだ。しかし、MicrosoftはMS-DOSの所有権を手放さず、このOSは競合他社が生み出した無数のIBM PCクローンでも動作することになった。

 このエミュレータでは、モノクロディスプレイを搭載した仮想IBM PC(Model 5150)上で、「IBM PC-DOS 1.00」が利用できる。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]