編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

DOS時代からWindowsの黄金時代まで--ブラウザで動く古典OS - 3/10

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-03-03 06:15

Windows 1.01
 1985年にリリースされたWindowsの最初のバージョンは、DOSのグラフィックインターフェースだった。

 「Windows 1.0」ではタイル式ウィンドウしかサポートしていなかったが、MS-DOSの実行ファイルマネージャ、カレンダー、カードファイル、メモ帳、ターミナル、電卓、時計などのデスクトップの機能を持っていた。

 このエミュレータは、クロックが4.77Mhz、RAM 256KB、CGAディスプレイを搭載した仮想マシン上で、「IBM PC Model 5160」のROM BIOSを使用して、Windows 1.01を実行するように設計されている。

Windows 1.01
 1985年にリリースされたWindowsの最初のバージョンは、DOSのグラフィックインターフェースだった。

 「Windows 1.0」ではタイル式ウィンドウしかサポートしていなかったが、MS-DOSの実行ファイルマネージャ、カレンダー、カードファイル、メモ帳、ターミナル、電卓、時計などのデスクトップの機能を持っていた。

 このエミュレータは、クロックが4.77Mhz、RAM 256KB、CGAディスプレイを搭載した仮想マシン上で、「IBM PC Model 5160」のROM BIOSを使用して、Windows 1.01を実行するように設計されている。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]