人間に寄り添うことが重要--「Watson」で差別化を図るIBMのIoT戦略 - (page 2)

鈴木恭子

2016-03-07 13:17

Watsonで実現する「人間味」

 もう1つGreen氏が強調するのは、Watsonで実現する「人間味のあるIoT」の実現である。IoTは物理的な世界をデジタル化する。その時に求められるのが「人間に寄り添うという思想」だとGreen氏は主張する。

 今、Green氏が注目しているのは、医療やヘルスケアの領域でのWatson IoTの活用だ。例えば、ウェアラブルデバイスを利用し、体調管理や薬の服用時間、食事内容までを把握して、コンディションに応じたサービスを提供できるIoTシステムがあれば、高齢者の自立を支援できる。「こうしたサービスが現実になる時に問われるのは、(IoTが)どこまで“人間に近付けるか”だ」(同氏)

2020年までに300億個のIoTデバイスが普及すると予測されている
2020年までに300億個のIoTデバイスが普及すると予測されている

 「人間味を帯びたサービスの提供」は、Watsonのもう1つのテーマだろう。それを具現化したものが、カンファレンス中に発表された、新たな「Watson API」だ。

 すでに同社は30超のWatson APIを提供しているが、今回発表されたのは、人間の感情や言葉の“行間を読む”APIだ。テキストから感情を分析する「Tone Analyzer」と「Emotion Analysis」、顧客の分類に基づいて画像を認識する「Visual Recognition」、情感を込めてテキストを読み上げる「Expressive Text to Speech」が発表された。いずれもPaaS「IBM Bluemix」上で利用できる。

 中でも興味深いのがTone Analyzerだ。文脈から怒りや嫌悪感、喜びといった感情を読み取る。さらに送信者の心理や状況なども加味したうえで分析し、その真意をグラフ表示で可視化する。

 Tone Analyzerを実際に活用しているのが、カップルマッチングサービスの「Connectidy」だ。サービスを運営するPraescriptoの共同創業者でプレジデントを務めるDineen Tallering氏は、「伝えたい内容が誤解された経験を持つ人は60%超に上る。好意を伝える文章には性差があり、コミュニケーションのズレを起こすことも少なくない」と説明する。

 Connectidyでは一対一でやり取りされるメールやチャットをTone Analyzerで収集、分析し、その結果から得られた相手の状態を感情や文章力、社会性のカテゴリで可視化する。実際にTone Analyzerを導入したことでマッチング度合いは67%も向上したという。

Tone Analyzerが相手の自分に対する感情をメールの文面や返信の頻度などから分析し、可視化する。「Joy(喜び)45%、Displeasure(不満)29%、Distaste(嫌悪)11%、Fear(怖れ)9%」と出た場合、(将来的に)Watsonは「脈アリ」と判断するのだろうか…
Tone Analyzerが相手の自分に対する感情をメールの文面や返信の頻度などから分析し、可視化する。「Joy(喜び)45%、Displeasure(不満)29%、Distaste(嫌悪)11%、Fear(怖れ)9%」と出た場合、(将来的に)Watsonは「脈アリ」と判断するのだろうか…

 Watson部門のゼネラルマネージャーDavid Kenny氏は、新Watson APIについて、「人間の感情に沿ったコミュニケーションを実現するアプリやサービスの開発ができる」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]