ランサムウェア感染予防の無償ワクチン、Bitdefenderがリリース

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-01 10:04

 Bitdefenderは、複数のランサムウェアからユーザーのシステムを保護するワクチンソフトウェア「Bitdefender Anti-Ransomeware」を無償でリリースした。

 ランサムウェアの被害が増加している。ランサムウェアとは、システム内のファイルを暗号化することでユーザーをシステムから閉め出し、解読するための鍵と引き替えに身代金を要求するというマルウェアだ。

 ランサムウェアの被害はユーザーにとって、そして医療機関をはじめとする基幹サービスにとって甚大なものとなる。このため、世界中の専門家らはそのまん延をくい止め、ユーザーのファイルを守るソフトウェアを開発するために日夜努力を続けている。

 今回リリースされたツールは、Microsoftの「Windows」を標的にする「CTB-Locker」と「Locky」「TeslaCrypt」という、悪名高い3種類のランサムウェアに対抗するものだ。

 CTB-Lockerは、「Windows 10」を標的とする最近のフィッシングキャンペーンでも検出されている。Lockyは多くの場合、悪意のある電子メールに添付されたWord文書のかたちでまん延しており、TeslaCryptは絶えず進化を続けているランサムウェアだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]