編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ハードドライブを暗号化するランサムウェア「Petya」が発見される--研究者報告

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-31 10:47

 ユーザーのシステムを完全に暗号化し、OSを使用不能にするランサムウェアが発見された。

 ほとんどのランサムウェアはシステムに感染してファイルをロックしようと試みるが、「Petya」と呼ばれる新種のランサムウェアはさらに一歩先を行っており、ハードドライブとOSへのアクセスを完全に遮断する。

 Bleeping Computerのセキュリティ研究者であるLawrence Abrams氏によると、Petyaはドイツ企業の人事部を標的にしていることが明らかになったという。アプリケーションへの「Dropbox」リンクを含むフィッシング電子メールが標的の企業に送信され、それを実行すると、Petyaがシステムにインストールされてしまう。

 Petyaがインストールされると、マスターブートレコード(MBR)が悪質なローダーに置き換えられ、システムが強制的に再起動させられる。再起動の際、「Windows」マシンはOSの代わりにその悪質なコードを読み込んでしまう。

 その後、システムツールのチェックディスク(CHKDSK)に偽装した画面が表示され、「スキャン」を実行する。この間、Petyaはスキャンを実行しているように見せかけて、そのドライブのマスターファイルテーブル(MFT)を暗号化する。

 「MFTが破壊(このケースでは、正確には暗号化)されると、コンピュータはファイルの保存場所や存在を認識できなくなり、ファイルへのアクセスが不可能になる」(Abrams氏)

 感染が完了し、ユーザーのディスクがアクセス不能になると、ビットコインでの支払いを要求するロック画面が表示される。この画面には、「Tor」ネットワークに接続して、特定の「.onion」にアクセスし、身代金を支払う方法も記載されている。

 このとき、被害者は自分のユニークなユーザーIDを使って、システムのロックを解除しなければならない。

Petyaがドライブを暗号化するプロセス

 現在、Petyaの感染を解決する方法はない。身代金は0.9BTC(370ドル)と高額で、ユーザーに選択肢はほとんどない。Abrams氏によると、「FixMBR」コマンドを使ったり、ほかの手段でMBRの修正を試みたりしても、「暗号化されたMFTは復号化されず、ファイルとWindowsにアクセスできない状態は変わらない」ので無駄だという。

 つまり、MBRの修正が選択肢になり得るのは、ユーザーがデータの喪失とWindowsの再インストールをいとわない場合のみだ。

 Malwarebytesのセキュリティ専門家Hasherezade氏(ハンドル名)やEmisoftのFabian Wosar氏など複数の研究者が現在この問題を調査している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]