編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

MSの開発者向けエディタ「Visual Studio Code」、バージョン1.0に到達

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-15 10:26

 Microsoftは米国時間4月14日、クロスプラットフォーム対応の開発者向け軽量エディタ「Visual Studio Code」(VS Code)のバージョン1.0を公開したと同社ブログで発表した。同社は2015年の開発者向け年次カンファレンス「Build 2015」でそのパブリックプレビュー版をリリースしていた。

 ブログ投稿によると、VS Codeは約1年前のパブリックプレビュー版のリリース以来、200万人の開発者によってインストールされ、毎月50万人以上の開発者によって活発に利用されているという。

 同社がVS Codeを最初に発表した際には、JavaScriptやTypeScriptの開発者に向けたウェブアプリ開発用製品という位置付けだった。しかしその発表以来、多くの開発者によってC++やC#、F#、Go、PHP、Python、JSON、Node.js、React Nativeといったさまざまなプログラミング言語やフレームワークをサポートする、1000以上に及ぶ拡張機能が構築されてきている。

 「Microsoft Visual Studio」は、プロジェクトやソリューションといった単位での開発をサポートする、機能を満載した製品であり、「Windows」上でのみ動作する。その一方でVS Codeは、ファイルやフォルダといった単位が基本となっており、主にウェブアプリやクラウドアプリのクロスプラットフォーム開発に軸足を置いている。

 VS Codeは無償でダウンロードでき、「Windows 7」や「Windows 8」「Windows 10」のほか、x64アーキテクチャをベースにしたLinux(「Debian」や「Ubuntu」「Fedora」「CentOS」)や、「OS X Yosemite」「OS X El Capitan」上で動作する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]