編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

通信プロバイダーのマイテル、ポリコム買収で合意

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-18 11:30

 通信プロバイダーのMitelは米国時間4月15日、ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション企業Polycomをおよそ19億6000万ドルで買収すると発表した。ただし、統合後も他のクラウド企業との厳しい戦いが続くことになる。

買収後のポートフォリオ
※クリックすると拡大
キャプション 買収後の市場プレゼンス
※クリックすると拡大

 両社の年間売上高を合計すると約25億ドルとなる。

 投資家の観点から見た場合、Polycomの株主には1株あたり3.12ドルの現金と、Mitelの普通株1.31株が付与される。これによりPolycomの株主にとって1株あたりの価値は13.68ドルとなる、すなわち22%のプレミアムが上乗せされることになる。

 今回の買収は、コミュニケーションとコラボレーションに集中するという戦略に基づいたものだ。Mitelにはグローバルコミュニケーションに関するノウハウが、そしてPolycomにはビデオ会議とコラボレーションのツールがある。このため統合後の両社は、ライバルであるCisco Systemsに対する競争力を向上できるはずだ。

 Mitelによると、統合後には企業のクラウドベースのコミュニケーションや、欧州におけるIP/PBXの拡大、会議用電話で首位に、ビデオ会議や音声設備の提供で2位になるという。

 統合によってMitelが親会社となり、Polycomはその下でブランドとして残り続ける。また、統合後の会社はMitelの最高経営責任者(CEO)Richard McBee氏によって率いられ、最高財務責任者(CFO)はMitelのSteve Spooner氏が引き続き務めることになる。統合後の従業員数はおよそ7700人となる。

 McBee氏によると、Polycomの幹部の多くは会社に留まる見込みだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]