IBM、医療分析のODHと提携--行動医療向けプラットフォーム「Mentrics」を発表

Natalie Gagliordi (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-22 10:55

 IBMのWatson Health事業部は最新のプラットフォーム「Mentrics」のローンチを発表した。行動医療の改善を図るもので、ヘルスケア分析プロバイダーのODHと提携して提供する。

 Mentricsは、行動的な健康管理の効果を扱うマネージドケア組織での利用に向けた、集団健康管理(PHM)プラットフォームだという。

 Mentricsは「Watson Health Cloud」を利用して、行動的なメディカルサービス、物理的なメディカルサービス、処方箋など分断されている情報源からヘルスケア関連のデータを集めることができる。

 目標は、認知的な洞察を得てリスクを階層化し、最終的に患者の行動的な健康状態を見ながら最適なケアを提供することだ。

 MentricsはWatson Health CloudのSaaSモデルとして導入でき、医療データ、科学的データ、外部の構造化・非構造化データを統合できるという。

 「今日のわれわれのヘルスシステムにおける最大のギャップは、行動的なヘルスケアにある。ODHと提携してこの大きな問題に対応できることを誇りに思う」とIBM Watson Healthのライフサイエンス担当バイスプレジデント、Lauren O’Donnell氏は述べている。

 O’Donnell氏はPHMへのメリットを強調しているが、これはIBMとWatson Healthの事業計画で繰り返されているテーマに通じるものとなる。IBMは「個人レベルから集団レベルまで」の健康の追跡ができるデータと技術の獲得を目指している。

 その一環として、同社は2月、Truven Health Analyticsを26億ドルで買収している

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]