Slush Asiaに見る、大企業とベンチャーの連携が拡大する理由

山田竜司 (編集部) 2016年05月18日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィンランド発祥の世界最大級のスタートアップイベント「Slush Asia 2016」が今年も幕張メッセで5月13~14日に開催。起業家を志す人への講演や60社のスタートアップが英語でプレゼンテ―ションをするピッチコンテストに歓声が沸いた。


世界を変え得る起業家やイノベーターは若者に憧れられるべき存在という考えから音楽フェスのような舞台でプレゼンテーションをするという

Slush Asiaを主催するAntti Sonninen氏

オープンイノベーションなど連携を探る

 ブースを出している主な企業は、アクセンチュアやPwCといったコンサルティング企業、リクルート、Googleなど。

 各社ともスタートアップとの連携の思惑はさまざまだ。リクルートでは2015年に買収したオンライン学習サービス「Quipper」などをアピール。日本国内向けオンライン学習サービス「スタディアプリ」などを海外の来場者にアピールしたいほか、Quipperなどのエンジニアも探しているという。


英語イベントだけあり外国人の来場者が多かった

 Googleはアプリを提供するスタートアップ向けにアプリ開発とそのプロモーションのためのツールを訴求していた。Microsoftはスタ―トアップ支援プログラムとして、無償で開発ツールであるVisual studioやPaaSであるAzureなどを提供する「BizSpark」を紹介した。

 コンサルティング会社は、他社との連携を通じて新製品やサービスの開発に取り組む「オープンイノベーション」の加速に力を入れていた。

 アクセンチュアでは、2015年12月にオープンイノベーションを推進する組織として「アクセンチュア・オープン・イノベーション・イニシアチブ」を設立。国内外のスタートアップや投資家、顧客の間に入り、2日間で100組のマッチングに挑戦した。また、自社のサービスリストにスタートアップの製品やサービスを追加し、顧客に提案する計画だ。

 「販売網や顧客ネットワークを既に持つ企業と、優れた技術やアイデアを持つスタートアップとの協業やM&Aが増えるなどオープンイノベーションの機運が高まっている。企業が独自で新規事業を立ち上げるよりもスピーディかつ持続的にイノベーションを生み出せるからだ」(アクセンチュア)


アクセンチュアのブース国内外のスタートアップ企業と投資家や同社の顧客を2日間で約100組マッチングするという

 PwCも2015年7月に設立したイノベーションの創出や活性化を支援する専門組織「グローバルイノベーションファクトリー」を設置。ブースではビジネスパートナーの開拓を目的に、自社のコンサルタントや会計士が、起業やIPOを目指す来場者を対象に、無料のコンサルティングを実施した。

 PwCは講演で「この1月~3月期に米国で新規株式公開(IPO)を実施したIT企業はなかった」「大企業によるM&Aが活況しつつある」と指摘。

 Twitterがこの一年で株価を37ドルから14ドルに落とすなどIT関連企業の株価の浮き沈みが激しく、米株式市場は安定していると言い難い状態にある。このため、IT企業がIPOを控え、大企業によるM&Aを志向していることがうかがえる。世界的にも、スタートアップはIPOよりも買収されることを望み、大企業はオープンイノベーションのためにスタートアップを買収したいと考えているという意味で、スタートアップと大企業の思惑が一致している。大企業がオープンイノベーションのためにスタートアップと連携したいという構図は今後も続きそうだ。

 M&Aばかりがオープンイノベーションの手法ではない。IT企業や外資系企業の出展が多いSLUSH ASIAの中で、異色な存在だったのが日本航空である。

 同社は北欧発祥のハッカソンイベント「Junction Asia」に参加したり、いち早くマイクロソフトの3Dホログラフィックコンピュータ「HoloLens」を利用し副操縦士昇格訓練のための補助的なトレーニングツールを生かしたりなど新たな取り組みやテクノロジの採用にも積極的である。

 先行きが不透明な時代、企業規模に関係なく最先端のテクノロジを事業に取り込み、環境の変化に適応するために、オープンイノベーションは効率がよい手法と言えるだろう。

 Slush Asia2016はそうしたオープンイノベーションを加速する場として大いに機能したのではないだろうか。申込者数は2015年と比較して1000人以上増え、4000人を超えた。今回のイベントは学生を中心に400人以上のボランティアが企画などプロセスの初期から関わり、当日の運営の中心を担っているというが、大きな不備は見受けられず、運営はスムーズであった。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算