編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Red Hat Software Collections」新版--MariaDBやNode.jsなど

NO BUDGET

2016-06-09 12:04

 オープンソースのウェブ開発ツールや言語、データベースを集めたソフトウェア群の新版「Red Hat Software Collections 2.2」と企業向けLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」でのアプリケーション開発の効率化を支援する「Red Hat Developer Toolset 4.1」の提供が開始された。

 レッドハットが6月8日に発表した。それぞれ新たに追加されたソフトウェアは以下の通り。

    Software Collections 2.2
  • データベース=MariaDB 10.1、MongoDB 2.6/3.2、PostgreSQL 9.5
  • プログラミング言語=Node.js v4.4、Python 2.7/3.5、Ruby 2.3、Rails 4.2
  • そのほか=Apache 2.4、Maven 3.3、Thermostat 1.4
    Developer Toolset 4.1
  • GNU Compiler Collection(GCC)5.3
  • GNU Project Debugger(GDB)7.11
  • Eclipse 4.5.2
  • Dynist(9.1)やSystemTap(2.9)

TechRepublic Japan関連記事

 Software Collections 2.2とDeveloper Toolset 4.1は、限定されたアクティブなRHELサブスクリプションを購入するユーザーとパートナーが利用可能。Linuxコンテナを利用しようとしている開発者向けには、Software Collectionsの最も人気のあるものの多くがDockerファイルやDocker 形式のイメージとして利用可能で、後者はRed Hatカスタマーポータルで入手できる。

 ほとんどのソフトウェア集やコンポーネントは3年間サポートされるため、Software Collectionsで構築されたアプリケーションは安心して実稼働環境に配備できると説明。RHEL 6/7とSoftware Collectionsで構築されたアプリケーションは、「Red Hat Enterprise Linux Atomic Host」や「 OpenShift」、Red Hatのコンテナアプリケーションプラットフォームにも展開でき、アプリケーションのポートフォリオにより多くの選択肢と柔軟性を与えるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]