「PaaS改め“CaaS”」:レッドハットがコンテナ基盤「OpenShift」をリブランド

羽野三千世 (編集部) 2016年08月10日 11時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドハットは8月4日、同社のコンテナ戦略に関する説明会を開催。これまでPaaSと位置付けてきた「Red Hat OpenShift Enterprise」を“Container as a Services(CaaS)”と再定義し、製品名を「Red Hat OpenShift Container Platform」にリブランドすると説明した。

 OpenShift Enterpriseは、コンテナアプリケーションを構築するためのプラットフォーム製品。バージョン3の「OpenShift Enterprise 3」からDockerフォーマットをサポートしており、現行製品はRed Hat Enterprise Linux(RHEL)、Docker、コンテナオーケストレーションツールKubernetes、Dockerレジストリなどで構成される。

 これまで、Red HatはOpenShift Enterpriseを“コンテナアプリケーション基盤としてのPaaS”としてきたが、コンテナ自体がアプリケーションプラットフォームの性質を持つことから、PaaSと位置付けるにはややこしい面があった。そこで今回、CaaSという概念を新たに打ち出し、製品ブランドもOpenShift Container Platformに変更した。新ブランドを冠した新版として、9月に「OpenShift Container Platform 3.3」をリリースする予定だ。


Red Hatが定義するContainer as a Services(CaaS)

Dockerコンテナの価値とは

 アプリケーション基盤としてのコンテナのメリットについて、レッドハット プロダクト・ソリューション本部 本部長 岡下浩明氏は、「既存・新規のさまざまなタイプのアプリケーションをコンテナにパッケージしてホストOSにデプロイでき、アプリケーションの種類に関わらず統一手法で運用管理できる。アプリケーションが小さいためデプロイも高速化する」と説明。また、「Dockerコンテナと、従来のSolarisコンテナやメインフレームのコンテナとの違いは、物理、仮想、パブリッククラウドのどこの環境にも持っていけるポータビリティ」(岡下氏)だとした。


コンテナによって開発と運用のシンプル化、デプロイの高速化、アプリケーションのポータビリティが実現される

 開発と運用のシンプル化、デプロイの高速化、アプリケーションのポータビリティといったDockerコンテナのメリットを享受するためには、開発/デプロイから、運用/ライフサイクル管理までを自動化するオーケストレーションツールが重要であると岡下氏。代表的な事例として、Googleでのコンテナとコンテナオーケストレーションを紹介した。

 Googleでは、2億個のコンテナアプリケーションを毎週更新、デプロイしている。コンテナの開発言語はJava、PHP、Goなどさまざまだが、運用管理者は1人あたり約150万個のコンテナを担当しているという。もちろん人間が150万個のアプリケーションを管理することはできないのでコンテナオーケストレーションによる自動化がこれを支えている。

Dockerコンテナの基盤としてOpenShiftを使う価値とは

 Dockerコンテナの基盤としてOpenShift Container Platformを使う意義については、「堅牢なコンテナ環境」「(Open Container Initiativeが定める)業界標準であるDocker形式への対応」「Kubernetesによるオーケストレーション機能」「コンテナレジストリ」を挙げた。


レッドハット プロダクト・ソリューション本部 本部長 岡下浩明氏

 OpenShiftのコンテナ環境の堅牢性は、「RHELが搭載するSELinux(Linuxカーネルのセキュリティ拡張モジュール)によって、Dockerリソースへのアクセス制御をしている」(岡下氏)。また、OpenShift Container PlatformのコンテナOSとして機能するRed Hat Enterprise Linux Atomic Hostの次期バージョンでは、コンテナスキャニングのための新しいユーザインタフェース(UI)を提供する。これは、従来からOpenShiftに統合されていたBlack Duck HubのUIを改善したもので、Black Duck Hubが提供するコンテナアプリケーションやライブラリに対する脆弱性のマッピング、イベントリの監視といった機能の使い勝手をシンプル化した。さらに、Atomic Hostの最新バージョンにはOpenSCAPスキャナのテクノロジプレビューも含まれる。

 また、OpenShiftがサポートするコンテナの仕様は常に業界標準を採用していく方針だと説明した。「現在はDockerを採用しているが、Open Container Initiativeの標準にのっとり、その時代に合った形式に対応していく」(岡下氏)

 そのほか、次期バージョンのOpenShift Container Platform 3.3では「Red Hat Gluster Storage(RHGS)」を統合し、コンテナアプリケーションから永続的なストレージとしてRHGSを利用できるようにする。OpenShiftのコンテナ環境内で利用するRHGSの料金は、OpenShiftのサブスクリプションライセンスに含まれる。

 なお、OpenShiftシリーズの提供形態を拡充することも発表された。オンプレミス向けには、開発者向けの無償版「OpenShift Container Local」と、テスト環境向けの廉価版「OpenShift Container Lab」を新たに用意する。さらに、現在パブリッククラウドサービスとしてベータ版を提供している「OpenShift Online」は、コンテナ仕様をDockerに切り替えた正式版が2016年中にリリースされる予定だ。占有クラウドで利用できる「OpenShift Dedicated」についても、現在のAWSに加えて近日中にAzureやGCPへも対応する計画だとした。


OpenShiftの新しい提供方式

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算