編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SASとサムスンSDS、ビッグデータのアナリティクスで提携

Cho Mu-hyun (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-24 10:32

 サムスン電子傘下でITソリューションを手がけるサムスンSDSは現地時間8月23日、米国に拠点を置くビジネスアナリティクスベンダーSASの韓国法人SAS Koreaとの間で、ビッグデータのアナリティクスに向けた新たなソリューションの共同開発に向けた基本合意(MOU)を締結したと発表した。

 両社の目指すアナリティクスシステムは、「SAS Enterprise Miner」と「SAS In-Database」とともに、サムスンSDSが自社開発したアナリティクスプラットフォーム「Brightics」を用いたものとなる。

 今回のMOUによって両社は、SASが世界中の政府や企業を含む8万のクライアントで培ってきたノウハウと、サムスンSDSが大規模な企業グループ内で時間をかけて培ってきたビッグデータアナリティクス関連の実績を融合できるようになる。

 また、今回のMOUによると両社は機械学習分野でも協力し、同分野における将来のビジネス機会を模索するという。

 サムスンSDSはここ数年、セキュリティ分野からクラウド分野に至るまでのエンタープライズソリューションにおいて、データ関連を手がける世界中の大企業と提携することで、海外展開を推し進めようとしている。

 同社は7月、英国に拠点を置くセキュリティ企業Darktraceへの投資を発表している。またその1カ月前には、アジア太平洋地域の顧客に対してクラウドソリューションを提供するために、SAPとパートナーシップ契約を締結したと発表している。

 そして5月には、IBMとともにクラウドセキュリティソリューションを共同販売するというMOUを同社と締結している。

 さらに2015年には、中国の物流市場に参入するために、Oracleとの間でMOUを締結したと発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]