編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

機械学習によりゼロデイ攻撃も防ぐエンドポイント保護製品--パロアルト

山田竜司 (編集部)

2016-09-15 08:08

 パロアルトネットワークスは9月14日、ネットワークに接続されたマシンであるエンドポイントを保護する製品「Traps」の新版を日本市場で提供開始した。機械学習を利用した解析機能などを追加し、アンチウイルス製品では対応できないような、エンドポイントの脆弱性攻撃やマルウェアによる被害を防ぐ。

 Trapsは、未知の脆弱性を突くゼロデイ攻撃、マルウェア攻撃を予見し、クライアントやサーバなどのエンドポイントへの被害を未然に防ぐ機能を持つソフトウェア。同社の製品であるクラウド型マルウェア分析サンドボックス「Palo Alto Networks WildFire」に自動で未知の攻撃実行ファイルをアップロードするといった連携機能を持つ。脅威インテリジェンス情報を活用して、脅威がどの経路から侵入しても、エンドポイント上で阻止できるという。

 Trapsの新版では、機械学習エンジンが数百のファイル特性を検証し、マルウェアであるか否かを判定する機能を追加。これにより、WildFireの脅威インテリジェンス情報の活用範囲を広げ、これまで5~6分かかっていた未知のマルウェア検出が即時で対応可能になった。さらに新機能として追加したマルウェアの隔離機能により、アンチウイルスソフトに代わって侵害の阻止を実現したという。

 このほか、信頼済みコード署名者の判定機能を搭載し、自動的かつ迅速に、新しい実行ファイルが信頼できるソフトウェア発行元により公開されたかどうかを判定できるようになった。

 米Palo Alto Networks サイバーセキュリティセールスチーム バイスプレジデント John Nassar氏は、この4月に300社程度だったTrapsの導入社数が現在は500社に増加したと説明。顧客単位の売上高が競合の4倍程度あるという数値を示し、同社の好調な業績をアピールした。


Trapsの主要機能

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]