調査

ランサムウェア被害に遭った英企業の6割超が身代金支払い--データが戻らないケースも

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年09月21日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランサムウェアに感染した企業の多くが、暗号化されたデータの重要性や、身代金を支払う方がコストが低いなどのさまざまな理由で、サイバー犯罪者の要求に屈している。

 しかし一部の企業は、サイバー犯罪者は信用できないという教訓を身をもって学んでいる。多くの事例では、ファイルを取り戻すために身代金を支払ったにも関わらず、データを取り戻せていない。

 ファイルを暗号化する悪質なソフトウェアであるランサムウェアを使ったサイバー攻撃は、過去1年間で急増しており、著名な組織が「Locky」の標的となったことでも分かるとおり、今やランサムウェアはサイバーセキュリティに対する最大の脅威となっている。Trend Microが発表した、ランサムウェアに対する企業の対応に関する調査結果は、この事態を受けたものだ。

 ランサムウェアの被害に遭っていない企業の4分の3は、仮に感染しても攻撃者の要求には応じないと回答しているが、実際にランサムウェアに感染した企業ではトーンは異なり、被害を受けた企業の3分の2が身代金を支払っている。

 企業は、感染したデータを失った場合の影響を恐れて身代金の要求に応じている。37%の企業は、データが失われた場合に科せられる罰金について心配しているのに加え、密かに身代金を支払えば、セキュリティ侵害を受けたことを公表せずに済む可能性があることも、支払いの一因になっているかもしれない。

 ほかにも、暗号化されたデータの機密度が極めて高い場合があり、身代金を支払った企業の3分の1は、これを理由として要求に応じている。また、ほぼ同数の企業が、身代金のコストは十分に低く、支払わなかった場合に起きる問題を避けるための手段として正当化できると考えている。

 CLOUDSEC Londonで公表されたTrend Microの調査結果によれば、英国で要求された身代金の平均金額は540ポンドだが(ただし通常はビットコインで支払うよう要求される)、20%のケースでは1000ポンド以上の身代金を要求されたという。

「Cerber」のようなランサムウェアへの感染は企業にとってますます深刻な問題となっている。
「Cerber」のようなランサムウェアへの感染は企業にとってますます深刻な問題となっている。
提供:Check Point
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化