編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

ユーザー間ファイル転送市場は5年で倍増へ--ITR

NO BUDGET

2016-10-12 18:55

TechRepublic Japan関連記事

 ITRは9月15日、国内のユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測を発表した。調査は、同社が発行した市場調査レポート「ITR Market View:ファイル共有・転送市場2016」に向けて行われたもので、ファイル共有市場、ファイル転送市場、ファイルサーバ可視化市場の国内全40ベンダーへの調査に基づく予測となっている。ユーザー間ファイル転送市場の2015年度の売り上げ金額は前年度比19.2%増の約31億円となった。

 市場の大きな成長は、一部機能が重複するオンラインファイル共有製品・サービスとのすみ分けができており、ほぼ全てのベンダーで伸びが見られたことことに加え、市場に影響力のある上位ベンダーが10ポイント以上伸びたことが要因という。


ユーザー間ファイル転送市場売上金額推移および予測(提供形態別)

 これまで多くのユーザーが電子メールの添付ファイルやUSBメモリなどの記録媒体で実施していたデータの授受においては、ファイルサイズ、コスト、時間、セキュリティリスクなど、さまざまな制限・制約を超えたファイル受け渡し手段として、ファイル転送製品の導入が進んでいる。

 ファイル転送製品をエンジンとして利用し、その大容量対応や高速性を生かした新しいサービスが立ち上がるなど、需要を下支えするような動きも見えつつある。これらのことから、パッケージ、アプライアンス、SaaSを合算した市場のCAGR(2015~2020年度)は15.3%と予測しており、2020年度の市場規模は2015年度のほぼ2倍になるとITRでは見ている。

 一方で、比較的容量の小さいファイルや、さほど高速性を必要としない受け渡し、またはそれほど機密性の高くないファイルの受け渡しでは、オンラインファイル共有製品の機能で実行できるため、ファイル転送専用製品としての優位性(高速性や信頼性など)を担保できない製品は、比較的低コストでの導入が可能なオンラインファイル共有製品によって淘汰される危険性をはらんでいるとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]