調査

中堅中小企業の製品選定は「価格」重視--コモディティ化が進んで差別化困難に

NO BUDGET 2016年10月06日 11時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TechRepublic Japan関連記事

 中堅中小企業がIT製品の選定で最も重視しているポイントは「価格」だ。その結果、IT製品のコモディティ化が進み、製品単位での差別化が困難になっていくと見込まれている。

 IDC Japanは10月5日、国内中堅中小企業IT市場におけるベンダー動向を分析した調査結果を発表した。2016年3月に実施した「国内中堅中小企業ユーザー調査」と、同年7~9月に実施したベンダーやシステムインテグレーター(SIer)などへのヒアリング調査をもとにしている。

 国内中堅中小企業を対象としたユーザー調査では、従業員規模が999人以下の中堅中小企業がハードウェア、パッケージソフトを選定する際に重視する項目で「価格」の回答率が最も高くなっている。同様に購入先選定の理由としても「価格」を挙げる企業が最も多くなっている。

中堅中小企業における購入先選定の理由
中堅中小企業における購入先選定の理由(IDC Japan提供)

 IDC Japanは、中堅中小企業が製品やチャネルの選択で「価格」を重視していることから、中堅中小企業向け製品の「コモディティ化」が進むと見ており、ベンダーや販売チャネルにおいて製品単位での差別化は困難になっていくことが見込まれると分析している。

 これに対して、大手国内ベンダーや外資系ベンダーでは、中堅中小企業向けのビジネスを強化しており、営業体制の強化、販売パートナーの支援拡充を図っている。特にパートナーを通じたクラウドの販売体制を強化している。

 また、SIerや販売代理店は、収益拡大と差別化を図るために、新しいソリューションと組み合わせた提案を積極的に行っている。企業規模を問わず需要の高いモバイルに加えて、ニーズが拡大しているクラウド、データ分析に関連するソリューションを提供するSIerも増加しているという。

 IT製品のコモディティ化が加速している。これまでのような既存システムの更新案件を中心としたビジネスは縮小傾向になるだけでなく、他社との差別化も困難となっている。ユーザー企業へのアプローチ方法を拡充したり、包括的なサポートを提供したりするなど、他社との差別化を図らなくてはならないが、ベンダーやSIerが単独で対応することは困難な場合も多くある、とIDC Japanは説明する。

 ITスペンディング リサーチマネージャーの市村仁氏は、「ITベンダーは、販売パートナーだけではなく、他業態の企業も含めてエコシステムの構築を目指すべきである」と分析している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算