人工知能同士をつなぐ--「AIネットワーク化」が社会に与えるインパクト(前編) 

小船井健一郎 山田竜司 (編集部) 2016年10月27日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータの処理能力の向上や「ディープラーニング」と呼ばれる自動学習の進歩などによって、人工知能(AI)の発達の影響が社会・経済の各分野に及んでいる。すでに2016年の今も自動運転やスマートフォンの音声認識、文章や音楽の自動生成など、さまざまな分野にAIの技術が浸透してきているのは周知のとおりだ。

 では、こうしたAIの進展は、2040年代の社会にどのような影響をもたらすのか。「AI相互のネットワークシステム」 が形成され、自動的に連携する社会・経済とはどのようなものか。この2月に発足した「AIネットワーク化検討会議」(旧称:ICTインテリジェント化影響評価検討会議)について、総務省 情報通信政策研究所(IICP)の調査研究部長の福田雅樹氏に話を聞いた。

AIネットワーク化とは何か


総務省情報通信政策研究所調査研究部長 福田雅樹氏

――「AIネットワーク化」とはどのようなものでしょうか。

 AIネットワーク化とは、「AIを構成要素とする情報通信ネットワークシステム」を意味する「AIネットワークシステム」の「構築」と、AI相互間の連携などAIネットワークシステムの「高度化」の双方を総称する概念です。

 これは、検討会議での必要上定義したものです。クラウドや自動運転のシステムにAIを用いること、すなわち、AIネットワークシステムの「構築」に向けた取り組みはは国内外ですでに始まっていますが、それよりさらに先の段階においてはAIとAIとがつながり、そしてAIと人体とがつながるようになると考えられます。これをAIネットワークシステムの「高度化」と呼んでいます。こうした展開が今後いろいろな分野で並行して進んでいきますが、それらの展開を総称して「AIネットワーク化」と捉えています。

 AIネットワーク化については、その進展段階を4つの段階として整理しています。第1段階は、「AIが他のAIと連携せず、インターネットを介するなどして単独で機能」する段階です。この段階は、インターネットにはつながりますが、AI同士はつながらないという段階です。この段階には、既に国内外の社会・経済の各分野で到達している場面が急速に増えつつあります。


AIネットワークシステム

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算