編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

F5、ADC新製品「BIG-IP i」提供へ--コンテナやSDNに対応、エクイニクスと提携

NO BUDGET

2016-11-25 16:43

 F5ネットワークスジャパンは11月24日、アプリケーション配信制御(Application Delivery Controller:ADC)の新製品「BIG-IP i」シリーズを発表した。2017年2月1日から発売する。

 BIG-IP iはi2000、i4000、i5000、i7000、i10000の5シリーズで構成される。同製品は内部の回路構成を書き換えられるLSIである「FPGA(Field Programmable Gate Array)」に異なるビットストリームをロードし処理を切り替えて特定のトラフィックを高速化する独自技術「TurboFlex」を搭載している。独自の言語を拡張した「iRules LX」を通じた「node.js」のサポートが組み込まれ、インフラストラクチャ面でのニーズにあわせてシステムを変更できるようになっている。

 分散型サービス妨害(DDoS)攻撃に対する機能強化をしており、プライベートクラウドやOpenStack、Cisco、VMwareなどのSDNをサポートするよう設定できる。最新のSSL(ECC)技術と圧縮技術にも対応している。

 新しいプロキシとコネクタテクノロジである「Application Services Proxy」「Container Connector」「Application Connector」が2017年度第2四半期(2017年1~3月)をめどにBIG-IP iシリーズに搭載される。

 Application Services Proxyは、小型軽量化された基本的な負荷分散機能、トラフィックの可視化機能を利用できる。クラウドとコンテナ環境にあわせてアプリケーションと関連サービスの開発、テスト、スケーリングを柔軟になると説明している。

 Container Connectorは、コンテナ化されたアプリケーションと、外部のオーケストレーションツールである「Kubernetes」「Apache Mesos(Marathon)」と自動的に連携できるようにもなっている。Application Connectorは、クラウドやデータセンターにホストされている各インスタンスを自動的に検知して、アプリケーションに必要なセキュリティと可用性を提供する。

BIG-IP i10000シリーズ(F5提供)
BIG-IP i10000シリーズ(F5提供)

 Equinixとの提携も発表した。マルチクラウドの相互接続環境である「Cloud Exchange」、企業のプライベートネットワークをEquinixのデータセンターに延長する「Performance Hub」の各ロケーションにアプリケーションサービスを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]