編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

F5、ADC新製品「BIG-IP i」提供へ--コンテナやSDNに対応、エクイニクスと提携

NO BUDGET

2016-11-25 16:43

 F5ネットワークスジャパンは11月24日、アプリケーション配信制御(Application Delivery Controller:ADC)の新製品「BIG-IP i」シリーズを発表した。2017年2月1日から発売する。

 BIG-IP iはi2000、i4000、i5000、i7000、i10000の5シリーズで構成される。同製品は内部の回路構成を書き換えられるLSIである「FPGA(Field Programmable Gate Array)」に異なるビットストリームをロードし処理を切り替えて特定のトラフィックを高速化する独自技術「TurboFlex」を搭載している。独自の言語を拡張した「iRules LX」を通じた「node.js」のサポートが組み込まれ、インフラストラクチャ面でのニーズにあわせてシステムを変更できるようになっている。

 分散型サービス妨害(DDoS)攻撃に対する機能強化をしており、プライベートクラウドやOpenStack、Cisco、VMwareなどのSDNをサポートするよう設定できる。最新のSSL(ECC)技術と圧縮技術にも対応している。

 新しいプロキシとコネクタテクノロジである「Application Services Proxy」「Container Connector」「Application Connector」が2017年度第2四半期(2017年1~3月)をめどにBIG-IP iシリーズに搭載される。

 Application Services Proxyは、小型軽量化された基本的な負荷分散機能、トラフィックの可視化機能を利用できる。クラウドとコンテナ環境にあわせてアプリケーションと関連サービスの開発、テスト、スケーリングを柔軟になると説明している。

 Container Connectorは、コンテナ化されたアプリケーションと、外部のオーケストレーションツールである「Kubernetes」「Apache Mesos(Marathon)」と自動的に連携できるようにもなっている。Application Connectorは、クラウドやデータセンターにホストされている各インスタンスを自動的に検知して、アプリケーションに必要なセキュリティと可用性を提供する。

BIG-IP i10000シリーズ(F5提供)
BIG-IP i10000シリーズ(F5提供)

 Equinixとの提携も発表した。マルチクラウドの相互接続環境である「Cloud Exchange」、企業のプライベートネットワークをEquinixのデータセンターに延長する「Performance Hub」の各ロケーションにアプリケーションサービスを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]