編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

仮想ADCをAzure Marketplaceで提供--A10

NO BUDGET

2015-06-05 07:28

 A10ネットワークスは6月4日、アプリケーション・デリバリ・コントローラ(ADC)仮想アプライアンス「vThunder ADC」をAzure Marketplaceで提供することを同日から開始したと発表した。

 これにより、Microsoft Azureを利用するユーザーは、プライベートクラウドおよびパブリッククラウドにvThunderによるADC機能を統合できるようになる。課金体系は従量制とBYOL(Bring Your Own License:ライセンス持ち込み)モデルが選択可能で、従量制は1時間あたり0.43ドルから(10Mbpsの価格)、BYOLによるパーペチュアルライセンスは97万4000円から。

 vThunder仮想アプライアンスは、高度なL4-7ロードバランシングやアプリケーション高速化機能、強化されたセキュリティ機能を単一の仮想インスタンスで実現し、「Application-aware」な(アプリケーションを識別した)サービスを動的に提供。

 今回、vThunderをMicrosoft Azureに統合することにより、物理、仮想、クラウドコンピューティング環境全体に渡る拡張性と一貫性のあるポリシー適用、迅速なプロビジョニングを実現し、コンピューティングリソースにオンデマンドで接続できるようになる。

 さらに、最新の独自OS「ACOS(Advanced Core Operating System)」で提供を開始したA10 Harmonyアーキテクチャの拡張性により、一貫したポリシーと高い柔軟性を実現できる。

 vThunder for Azureの特徴は以下の通り。

迅速なサービス展開

 Azureが提供するIaaSで、vThunder仮想マシンを簡単な操作で数分以内に起動し、最小限の管理工数で展開することが可能。

一貫したポリシー適用

 物理アプライアンスのThunder ADCアプライアンスと同様のADCとセキュリティ機能を利用できる。また、パブリックからプライベート、またはプライベートからパブリックへのワークロードやコンフィグレーションの移行が可能。

TCO(総所有コスト)削減

 IaaSサービスを活用することで、ITに関するTCO削減を実現。中小企業はデータセンター運用を外部委託することで、大企業と同レベルの機能やサービスを構築できる。

事業継続性の確保

 IaaSサービスを使用したディザスタリカバリにより、事業継続性を確保。また、IaaS環境に待機系のリソースを割り振ることで、物理インフラを追加することなく突発的な規模拡張に対応可能な、クラウド間のクラウドバースティングを実現する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]