編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

IIJ傘下のネットチャート、端末の不正接続を防止するクラウド型マネージドサービスを提供

NO BUDGET

2016-12-08 12:43

 IIJの100%子会社で、LAN関連を中心としたネットワーク構築事業を手掛けるネットチャートは12月6日、日本CADが提供する不正端末接続防止ソリューションの統合管理システム「IntraGuardian2+ Manager Professional」を、IIJのクラウドサービス「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」上に実装し、クラウド型のマネージドサービス「IntraGuardian Cloud Managerサービス」として同日より提供を開始すると発表した。

 主に数セグメントから数十セグメントまでの中小規模のネットワークを持つユーザーが対象。料金は月額制で、セグメント数などに応じた個別見積もりとなっている。


IntraGuardian Cloud Managerサービスの利用イメージ

 日本CADでは、ネットチャートを総販売代理店として、社内ネットワークへの接続が許可されていない端末の不正接続を防止するアプライアンス製品であるIntraGuardianシリーズと複数のネットワークセグメントに配置された同製品を一元管理するシステムIntraGuardian2+ Manager Professionalを提供している。

 同システムはユーザーのネットワーク環境に専用サーバを設置して用いるが、IntraGuardian Cloud Managerサービスではそれをクラウド型のフルマネージドサービスとして提供する形態とした。これにより専用サーバ構築・運用の負荷を軽減し、安価な月額課金で、より簡単に情報漏えいリスクを低減させるサービスを利用することができるとのこと。

 本サービスの特徴は以下の通り。

  • 運用の負荷軽減と簡便性
  •  オンプレミスでサーバを導入する場合と比べて、サーバ構築の初期コストやサーバ運用の負荷を軽減。またクラウド型サービスのため、IntraGuardian2+の機器を購入後、初期設定しネットワークにつなぐだけで、すぐに使い始めることができる。使用する端末の設定変更もユーザー側では不要。

  • オペレータによるサーバ運用
  •  IntraGuardian2+ Manager Professionalの運用管理を専門オペレーターが実施。ユーザーは不正接続防止の対象となる端末を管理するだけで、情報漏えいのリスクを低減することが可能。

     本サービスでオペレータが行う運用は以下の内容。

  • 統合管理マネージャの最新版へのバージョンアップ
  • IntraGuardian2+ファームウェアの最新版へのバージョンアップ
  • サーバ障害時の自動的な保守対応
  • ログ分析

 また同社では今後も順次サービスを拡張していく計画で、端末の申請機能や利用状況レポート、アンチマルウェアシステム、統合脅威管理(UTM)との連携機能の提供を予定しているとのこと。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]