編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ネットワン、24時間365日のセキュリティ監視サービス提供--脅威を遠隔で遮断

NO BUDGET

2016-10-28 16:01

 ネットワンシステムズは10月27日、新たにセキュリティ監視センター(SOC)を構築し、24時間365日体制で提供するセキュリティ監視分析サービス「マネージド・セキュリティ・サービス」の販売を開始した。2017年1月からサービスを提供する。

 同サービスの対象機器は「Palo Alto Networks PA」「Cisco ASA with FirePOWER」「Cisco FirePOWER」の各シリーズ。対象機器は順次拡大する予定。

 新設されたSOCは、新たに高品質なセキュリティ分析基盤を整備した上で専任のセキュリティアナリストチームで構成されている。さらにセキュリティの知見を生かしてユーザー企業のICT基盤全体の企画から設計、構築、保守、運用までのライフサイクルの全フェーズを担う。

マネージド・セキュリティ・サービスの概要(ネットワン提供)
マネージド・セキュリティ・サービスの概要(ネットワン提供)

 マネージド・セキュリティ・サービスは、ファイアウォールや不正侵入検知システム(IDS)/不正侵入防御システム(IPS)のセキュリティ製品のログをリアルタイムで収集、監視する。緊急度や危険度が高いインシデントを検出した場合は即座に通知する。また要望に応じて脅威と特定された通信をSOCから遠隔で遮断する。

 同サービスでは、ファイアウォールのルール設定変更やIDS/IPSのシグネチャやソフトウェアの更新、死活監視・性能監視なども提供する。専用のウェブポータルサイトを用意し、インシデントの対応履歴や検知した攻撃などの月次レポートを提供する。プライベートクラウドとパブリッククラウドを安全に接続するネットワンの「クラウドHUBサービス」とも連携できる。

 税別価格は、IDS/IPS監視で1台あたりの初期費用が120万円、月額費用が36万円~、次世代型ファイアウォール監視で1台あたりの初期費用が120万円、月額費用が44万円~。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]