編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

SASが需要予測・在庫最適化ソフトの最新版を国内提供、AI利用

NO BUDGET

2016-12-09 07:00

 SAS Institute Japan(以下、SAS)は、12月7日、「SAS for Demand-Driven Planning and Optimization」の最新版を、国内で提供開始すると発表した。

 同製品は、需要シグナルの分析・探索、需要予測、需要予測のコンセンサス、在庫最適化・補充計画、サプライチェーン全体の評価など、需給計画業務に必要な全ての機能を単一基盤上で提供する。消費需要に対するマーケティング・販売施策の効果や、来店客数・棚割等の効果を詳細に考慮した上で、月単位だけでなく、日単位、時間単位の短期需要予測結果を素早く得ることができる。


SAS for Demand-Driven Planning and Optimizationの主な機能

 今回提供開始される最新版では、AI(人工知能)の技術を融合し、需要予測から在庫最適化までの一連の機能を強化している。

 需要予測に使用する類似製品の選定、需要データのクレンジングと分類、予測モデルの作成・予測という各ステップについて、人工知能アルゴリズムが推奨値を提案する。また、多階層の在庫最適化に対応したAI技術(SAS独自の最適化エンジン)により、信頼性の高い補充計画が作成され、従来のマニュアル発注業務が大幅に削減される。

 さらに、計画業務に必要な全ての機能群およびユーザーインタフェース群が予め用意されているため、追加の画面開発や各機能の統合のための追加開発を必要としない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]