編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Linux 4.9」が公開--「これまでで最大のリリース」に

Nick Heath (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-12-14 11:12

 米国時間12月11日、Linuxのカーネルバージョン4.9がリリースされた。今回のリリースは、「史上最大」のものだという。

 Linuxカーネルの生みの親であるLinus Torvalds氏は、2200万行以上におよぶコードで構成された巨大リリースを発表する投稿で、「今回のリリースが、少なくともコミットの数で過去最大のものであるのは間違いない」と述べている。

 追加された機能には、わずか5ドルで購入できる「Raspberry Pi Zero」や、LGの「Nexus 5」、ARMベースのハードウェア27種類の新規サポートのほか、AMDの旧世代のグラフィックスカードに対する試験的なサポートも含まれている。これらのカードは「Radeon HD 7000」シリーズなどの、AMDの「Graphics Core Next(GCN)1.0」アーキテクチャに基づくものだ。

 今回のリリースには「Greybus」ドライバサブシステムも取り込まれている。これは、Googleが手がけていたモジュール式スマートフォンの開発プロジェクトである「Project Ara」で取り組まれていたものだ。GoogleのエンジニアらはProject Araにおいて、モバイル機器の回路間を接続するための高速インターフェース規格「UniPro」にアプリケーションレイヤを提供するプロトコルとしてGreybusを開発した。

 その他の改善点としては、安定性の向上のほか、Intelの「Memory Protection Keys」(MPK)のサポートおよびvmappedカーネルスタックのサポートによるセキュリティの強化、一部の「Intel Atom」プロセッサにおけるPステート時の節電機能サポートの改善、AMDのGPUにおける仮想ディスプレイの使用機能が含まれている。


提供:Aalto University/YouTube

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]