編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

「Linux 4.9」が公開--「これまでで最大のリリース」に

Nick Heath (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-12-14 11:12

 米国時間12月11日、Linuxのカーネルバージョン4.9がリリースされた。今回のリリースは、「史上最大」のものだという。

 Linuxカーネルの生みの親であるLinus Torvalds氏は、2200万行以上におよぶコードで構成された巨大リリースを発表する投稿で、「今回のリリースが、少なくともコミットの数で過去最大のものであるのは間違いない」と述べている。

 追加された機能には、わずか5ドルで購入できる「Raspberry Pi Zero」や、LGの「Nexus 5」、ARMベースのハードウェア27種類の新規サポートのほか、AMDの旧世代のグラフィックスカードに対する試験的なサポートも含まれている。これらのカードは「Radeon HD 7000」シリーズなどの、AMDの「Graphics Core Next(GCN)1.0」アーキテクチャに基づくものだ。

 今回のリリースには「Greybus」ドライバサブシステムも取り込まれている。これは、Googleが手がけていたモジュール式スマートフォンの開発プロジェクトである「Project Ara」で取り組まれていたものだ。GoogleのエンジニアらはProject Araにおいて、モバイル機器の回路間を接続するための高速インターフェース規格「UniPro」にアプリケーションレイヤを提供するプロトコルとしてGreybusを開発した。

 その他の改善点としては、安定性の向上のほか、Intelの「Memory Protection Keys」(MPK)のサポートおよびvmappedカーネルスタックのサポートによるセキュリティの強化、一部の「Intel Atom」プロセッサにおけるPステート時の節電機能サポートの改善、AMDのGPUにおける仮想ディスプレイの使用機能が含まれている。


提供:Aalto University/YouTube

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]