編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ミラクル・リナックス、2020年までCentOS 5の修正パッチを提供

NO BUDGET

2016-12-20 12:25

 ミラクル・リナックスは、12月14日、2017年3月31日のメンテナンス更新が終了するCentOS 5の修正パッチ提供サービスを開始すると発表した。また、同じく2017年3月31日にサポートが終了するRed Hat Enterprise Linux(RHEL)5のユーザーに対する、CentOS 5への移行支援サービスも提供する。

 CentOS 5は、RHELのソースコードをベースに開発されたフリーのLinuxディストリビューションで、コミュニティによる、新機能の追加やセキュリティ対策用のパッチのリリースが行われる「完全更新」と、最低限必要とされるセキュリティ対策用のパッチのリリースを想定した「メンテナンス更新」の2種類が提供されていた。

 しかし、「完全更新」は2014年にすでに終了しており、「メンテナンス更新」も2017年3月31日に終了する。これに対し、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターでは、システム管理者に速やかな移行を求める注意喚起を行っている。

 ミラクル・リナックスの「CentOS 5向けパッチ提供サービス」を受けることで、2017年4月から約3年CentOS 5を安心して利用できるようになる。また、RHEL 5のユーザーは、CentOSに移行することで約3年修正パッチの提供を受けられるようになる。ミラクル・リナックスでは、技術問い合わせを受け付けるメニューを用意している。

 「CentOS 5向けパッチ提供サービス」の受注開始日は2016年12月14日から。サービス開始日は、2017年4月1日から。価格(税別)は、1システムあたり年間90万円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]