編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「eセールスマネージャー」最新版、セルフサービスBIをオプション提供

NO BUDGET

2017-01-10 13:38

 ソフトブレーンは、営業支援システム(CRM/SFA)製品の最新版「eセールスマネージャーRemix Cloud Revision6」の提供を1月4日から開始。ビジネスインテリジェンス(BI)機能「eセールスマネージャーRemix Analytics」(Remix Analytics)がオプションライセンスとして提供される。

 Remix Analyticsは、BIツール「Tableau」の技術をもとにデータの高速可視化とドラッグ&ドロップで直感的に操作できるようになっており、エンドユーザーがセルフサービスでBI機能を使える。これにより、誰でも簡単にリアルタイムにデータを分析できる。エンドユーザーによる戦術レベルでの課題抽出から経営層の戦略策定のための高度な分析まで、データ分析の対象や領域を拡大させられる。

eセールスマネージャーRemix Analyticsの利用イメージ(ソフトブレーン提供)
eセールスマネージャーRemix Analyticsの利用イメージ(ソフトブレーン提供)

 具体的な機能としては「複数帳票連動」「エリア分析」「Excelデータの直接取り込み」「作成時のプレビュー」「集計表やグラフの混合」「集計表やグラフの混合」「並べ替え」「表現力豊かなグラフ作成」の機能がある。

 「複数帳票連動」機能では、レポート内の項目を選択すると、他のグラフも連動してその項目にフォーカスした結果が表示されるため、容易に深堀分析できると説明。「エリア分析」では、地域別や県別、国別などさまざまなエリア情報と営業データを結びつけて地図上で集計する。

 「Excelデータの直接取り込み」では、ExcelやCSVファイルを直接取り込み、データを結合して集計表やグラフを作成可能。「作成時のプレビュー」では、設定画面とグラフが同一ウィンドウで表示されており、プレビューを確認しながら作業できる。

 「集計表やグラフの混合」では、複数の集計表やグラフをドラッグ&ドロップで容易に1つの集計表やグラフにすることが可能と説明。「並べ替え」では、簡単にランキング作成可能という。「表現力豊かなグラフ作成」では、24種類のグラフ表示形式と任意の色付けで豊富なレポート表現できるようになっている。

 Remix Analyticsの税別価格は、Analyticsライセンスとしてユーザーあたり月額3500円。Analyticsデスクトップライセンスとして1台あたり月額9500円で提供される。また、データ接続用リモート環境費用が1台あたり月額1万2000円となっている。Remix Analyticsを利用する際にはレポートを作成するAnalyticsデスクトップライセンスが1ライセンス以上必要。

 eセールスマネージャーRemix Cloudの税別価格は、クラウドの場合で1ユーザーあたり月額6000円から、オンプレミスの場合は1ユーザーあたり6万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]