編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース傘下Quip、元Facebookのデザイナーらによる新興企業Unity&Variety買収

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-01-16 11:39

 Salesforce.comが2016年に買収した生産性プラットフォームのQuipは米国時間1月13日、ソフトウェアを手がける新興企業Unity&Varietyのチームが同社に加わることになったと発表した。

 QuipがTwitterで発表したところによると、Unity&Varietyの小規模開発チーム(Joey Flynn氏とDrew Hamlin氏、Andy Chung氏を含む)は、「次世代の生産性ツールの開発」を支援するためにQuipに加わるという。Salesforceによると、同チームは創造的で視覚的な要素をQuipにもたらすことを目指すという。なおUnity&Varietyは、少なくともアプリを1本(ゲームアプリ「Pinchworm」)公開している。

 Flynn氏とHamlin氏は過去に、Quipの最高経営責任者(CEO)Bret Taylor氏とともにFacebookで働いた経験がある。両氏はFacebookで「Timeline」などの開発に携わった。Taylor氏は両氏を「これまでに一緒に仕事をしたなかで、最高の製品デザイナーに入る」と評している

 SalesforceがQuipの買収を発表した2016年8月の時点で、創業3年のQuipのサービスは既に100万人以上のユーザーと何千というチームに利用されていた。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]