編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

キヤノンと富士通、SoE領域のアジャイル開発に向け協業

ZDNet Japan Staff

2017-01-25 07:00

 キヤノンITソリューションズと富士通は1月24日、SoE(Systems of Engagement)領域のシステム開発事業分野で協業すると発表した。富士通のデータベースとキヤノンITSのウェブアプリケーション自動生成ツールを連携させたサービスを2月上旬から提供する。2020年に売り上げ50億円を目指す。

 協業の背景にあるのは、基幹システムなど従来型情報システムSoR(System of Record)領域における生産性向上・業務効率化から、顧客との関係性深拡大を重視したSoE領域での新たな価値創造が求められているから。

 キヤノンITSは企業のこうした課題に対応するため、富士通のデータベース「FUJITSU Software Enterprise Postgres (Enterprise Postgres)」に対応した、キヤノンITSのウェブアプリケーション自動生成ツール「Web Performer」の提供を開始する。

 Enterprise PostgresはOSSデータベース「PostgreSQL」をベースに、セキュリティや処理性能、信頼性を実現する同社独自の技術を実装している。

 Web Performerは、ノンプログラミングでJavaによるな開発が可能な超高速開発ツールであり、GUIエディタなど可視化された開発画面を活用しながら、システムの利用者と開発者が一体となり、スピード感を持ったリリースを繰り返し、システムを改善していく共創型のアジャイル開発を目指している。

 Enterprise PostgresとWeb Performerとの連携により、顧客のニーズや変化を先回りして理解し俊敏かつ持続的な対応が求められるSoE領域でのシステム開発を支援するとした。

 Enterprise PostgresとWeb Performerはいずれも月課金で利用できるため、スモールスタートや提供するサービスを改良しながら段階的にシステムを拡大できるとした。Web Performerは税別価格380万円から。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]