ランサムウェアが次に狙う先は? UNIX系に広がる可能性

ZDNet Japan Staff 2017年02月27日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年から2016年にかけて急拡大したランサムウェアの脅威は、今後どのような動きを見せるのだろうか。トレンドマイクロがブログで予想した。

 同社によると、ランサムウェアのファミリは2015年に29種類、2016年は9月末までに146種類が出現。サイバー犯罪者が攻撃手法の改良に奔走しているとみる。Windowsを狙う多くのランサムウェアに加え、Linuxを狙う「Linux.Encoder」やOS Xを狙う「KeRanger」などが確認されている。

 Linux.EncoderやKeRangerなどに共通するのは、「UNIX系を狙う」という特徴だ。いずれのランサムウェアも、利用されているパッカーや暗号化ライブラリ、関数名、脅迫状のほか、構造上に類似点がみられ、KeRangerはLinux.Encoderの再コンパイル版である可能性がある。


「Linux.Encoder」(左)と「KeRanger」(右)の関数名の類似点(赤枠)。どちらにも同じ関数の論理式が存在することから、「KeRanger」は「Linux.Encoder」の書き換えである可能性がある(出典:トレンドマイクロ)

 同社は、これらがUNIX系を狙うランサムウェアの先駆けであり、まだ実験段階にあるとみる。しかしUNIX系ソフトウェアが、サーバやワークステーション、ウェブアプリケーションのフレームワーク、データベース、モバイル機器に至るまで幅広く利用されている状況を踏まえ、今後はセキュリティ上の大きな課題になる可能性を指摘している。

 UNIX系を狙うランサムウェアが活動するには、UNIX系OSのソフトウェアがソースファイルや検証済みのリポジトリからコンパイルされていること、また許可プロセスも、ファイルにアクセスして暗号化するために必要な権限でファイルを実行することが難しい。だが、リモートからコードを実行できるプロシージャコールの脆弱性を悪用されるか、ソーシャルエンジニアリングを使ったメールによって、ランサムウェアがシステムに侵入することは可能だとしている。

 企業や組織が被害に遭わないためには、システム管理者が、検証されていないサードパーティーのリポジトリを利用しないようにするか、あるいは、追加する場合に十分検討すべきと解説。Linuxがソフトウェアパッケージのダウンロードのため中央リポジトリを保持していても、権限を持つユーザーが未検証のサードパーティーのリポジトリをインストールできるため、アクセスできるユーザーを限定する必要がある。さらに、rootユーザーログインがデフォルトではできないものの、rootユーザー権限が許可されればログインできることから、管理者はsudoコマンドを実行できてしまうユーザーの制限も追加すべきだとアドバイスしている。

 こうした権限の制限は、Linuxシステムの変更を制限することになり、セキュリティを大幅に強化でき、実行中のサービスの最小にしたり、不要なサービスを無効にしたりすることで、攻撃されるリスクも軽減できる。侵入検知システム(IPS)の利用や継続的な監視、不審なログの検査も行うことで、システムへの侵入や攻撃の早期検出につながる。こうした対策を踏まえ、最新のセキュリティパッチの適用による脆弱性の解消と、データ資産を定期的にバックアップすることによる保護が必要だとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算