松岡功の一言もの申す

協業それとも民主化?異なるAIビジネスモデルそれぞれの思惑

松岡功 2017年05月25日 17時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ITベンダー大手によるAI(人工知能)関連イベントがこのところ相次いで開催された。筆者が興味深く感じたのは、ビジネスモデルが異なる点だ。そこにはそれぞれに思惑があるようだ。

顧客企業との協業でAI活用を進める富士通とIBM

「富士通フォーラム2017」で話す富士通の田中達也社長
「富士通フォーラム2017」で話す富士通の田中達也社長

 「ぜひ当社を“コ・クリエーション(共創)”のかけがえのないパートナーとして選んでいただきたい」――富士通の田中達也社長は5月18日、同社が都内で開催した自社イベント「富士通フォーラム2017」の基調講演で、招待された企業経営者などを前にこう訴えかけた。

 富士通が同イベントで最も前面に押し出していたのは、「Zinrai」と名付けたAIの製品・サービス群である。同イベントを機に「富士通のAI戦略」と題して開いた記者会見でも、同社の谷口典彦副社長が「お客様(顧客企業)とのコ・クリエーションが最重要戦略」とし、「AIによる知見をお客様と共有することによって、お客様と共に発展したい」と強調した。

 「コ・クリエーション」という言葉に同社の想いが込められているが、ビジネスモデルの観点から言えば、顧客企業との協業、つまりは個々の顧客企業とAI活用を進めていくという形である。

 このビジネスモデルは、コグニティブ(認知)技術「Watson」でいち早くビジネスを展開しているIBMと同じようにも見て取れる。  日本IBMが4月27~28日に都内で開催した自社イベント「IBM Watson Summit 2017」では、米IBMのArvind Krishnaシニアバイスプレジデント兼IBMリサーチディレクターが基調講演で、「当社はビジネスに貢献するためのAIを提供し、あらゆる企業に使っていただきたいと考えている」と語った。

 また、日本IBMのElly Keinan社長も同じ基調講演で、「日本でもすでに40業種を超える数百社のお客様がWatsonを活用している」と述べ、個々の顧客企業に向けたビジネスが日本でも着実に進んでいることを示した。(関連記事

「IBM Watson Summit 2017」で話す米IBMのArvind Krishnaシニアバイスプレジデント兼IBMリサーチディレクター
「IBM Watson Summit 2017」で話す米IBMのArvind Krishnaシニアバイスプレジデント兼IBMリサーチディレクター

「AIの民主化」を推進するMicrosoftが狙う経済圏拡大

 一方、富士通やIBMとビジネスモデルが異なるように見受けられるのはMicrosoftだ。日本マイクロソフトが5月23~24日に都内で開催した自社イベント「de:code 2017」では、米Microsoft AI&リサーチ部門のSteven Guggenheimer(スティーブン・グッゲンハイマー)コーポレートバイスプレジデントが基調講演で、「AIの“民主化”を強力に押し進めたい」と語った。

 Microsoftが進める「AIの民主化」とは、ソフトウェア開発者が同社のコグニティブAPIをクラウドサービスから容易に活用できることや、同社のAI技術をオフィスアプリケーションの「Office 365」や「Dynamics 365」などに適用していくことを指す。こうしたビジネスモデルはGoogleも同じ印象だ。

 富士通やIBMもコグニティブAPIをクラウドサービスから提供しており、自社ソフトウェアにもAI技術を適用していく方針だが、基本的には「顧客企業との協業」を前提としており、Microsoftのように「広く開放」する姿勢を強く打ち出しているわけではない。これはビジネスモデルの違いといえる。

 なぜ、違うのか。ここからは筆者の推測だが、富士通やIBMは従来、システム構築などで個々の顧客企業と「協業」してきた背景があることから、AIの取り組みにおいてもそうした長年の関係を生かせるとの思惑があるのではないか。


「de:code 2017」で話す米Microsoft AI&リサーチ部門のSteven Guggenheimerコーポレートバイスプレジデント

 一方、MicrosoftやGoogleはそれぞれ、オフィスアプリケーションや検索エンジンで圧倒的なシェアを保持していることから、開放したAI技術で開発者が新しいアプリやサービスを生み出せば、それらがまた連携し合って「Microsoft経済圏」および「Google経済圏」を一層拡大させていくことができるとの思惑があるのではないか。

 つまり、それぞれにこれまで培ってきたビジネスモデルを生かす形で、AI活用にも取り組んでいこうということではないだろうか。その意味では、「協業」それとも「民主化」というのが、ビジネスモデルの違いを象徴するキーワードのようにも見て取れる。

 さて、今後どちらのビジネスモデルがより大きく発展するか。AIを軸にしたダイナミックな合従連衡も大いにありそうだ。ただ、その際はAIもさることながら、「データの生かし方」に注目しておく必要があるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]