編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

グーグルのAI「AlphaGo」が最強棋士に3連勝、囲碁は引退--今後の計画は?

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-05-29 08:19

 Google傘下のDeepMindが開発した人工知能(AI)囲碁プログラムの「AlphaGo」は、中国烏鎮で開催された「The Future of Go Summit」で、「世界最強」とされる中国の囲碁棋士、柯潔氏に3戦連勝後、囲碁対局から引退することを表明した。

 AlphaGoは今後、社会で最も複雑な問題の1つに挑む予定だという。DeepMindが米国時間5月27日のブログ記事で述べた。AlphaGoを開発するチームはこのAIプログラムを利用して、「高度で汎用的なアルゴリズム」を開発し、「疾病に対する新しい治療の発見、エネルギー消費量の大幅な削減、画期的な新材料の発明」などの問題に取り組む科学者の支援につなげたいとしている。

 AlphaGoは2016年、トップ棋士の1人である李世ドル氏に勝利したことで話題を呼んだ。2017年に入ってからも、正体を隠してオンライン対局に参加し、世界トップレベルの棋士に勝利している。正体を隠していたが、AlphaGoは19才の最強棋士である柯潔氏に2度勝利したと報じられた

 対局からは引退するが、何も残さずに囲碁の世界を後にするわけではない。DeepMindは、このプログラムに関する最後の学術論文を2017年のうちに発表する予定で、囲碁の配置に関するAlphaGoの分析を示す学習ツールにも取り組んでいると述べた。さらに同社は、AlphaGo同士の対局に関する情報もリリースしている。AlphaGo同士の対局によって学習したAIには、囲碁対局者のための「斬新で興味深い多数のアイデアや戦略」が含まれているという。

中国の囲碁棋士、柯潔氏とDeepMindの人工知能(AI)囲碁プログラムAlphaGo
提供:VCG via Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]