「株式会社ジャパントラスト 佐々木 康人」を名乗る詐称メール、実在企業が注意喚起

國谷武史 (編集部) 2017年06月14日 12時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月13日の夕方頃から「株式会社ジャパントラスト 佐々木 康人」を名乗る不審なメールが出回っている。実在する企業の社名やドメインが悪用されており、添付ファイルにはマルウェアが仕掛けているもようだ。

 セキュリティ企業のFFRIによると、送信者を名乗る人物は「お振込口座変更のご連絡」との件名で、経理担当者あてに振り込み口座の変更や対応をうながすメッセージが記載されている。メールには「.doc」形式のファイルが添付されていた。

 同社はこのファイルの解析を進めているが、ファイルを開くと「.js」ファイルが生成され、最終的に実行ファイルが生成、実行される。外部からマルウェア本体とみられる「4999.bin」をダウンロードする。この過程では、ユーザーに注意をうながすダイアログが表示される場合もある。

実在企業のドメインや名称を詐称した不審なメール(出典:FFRI)''
実在企業のドメインや名称を詐称した不審なメール(出典:FFRI)

 メールアドレスのドメインには、実在する株式会社 トラスト(名古屋市)のものが使用されていた。また送信者の社名では、実在するジャパントラスト株式会社(名古屋市)に類似した「株式会社ジャパントラスト」を名乗っている。ただし、住所には「東京都渋谷区」と記載されていた。

 株式会社 トラストとジャパントラスト株式会社は、ウェブサイトを通じてメールへの注意を呼び掛けた。両社によると、送信者名にある「佐々木 康人」は、いずれにも実在しない人物。13日に数件の問い合わせが寄せられ、不審なメールに悪用された経緯などについて調査を進めている。14日時点で、情報システムや機密情報への不正アクセスなどはなかったことが確認されているという。

 FFRIは、ドメインやメールに含まれるフッタ情報が実在する企業に偽装され、添付ファイルも.doc形式であることから、不審なメールと判別することが比較的難しいと指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算