マルウェア検知を逃れる「ポリモーフィック型」が台頭--ウェブルートが報告

國谷武史 (編集部) 2017年06月16日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンドポイントセキュリティを手掛けるウェブルートは6月15日、2016年の脅威動向を分析したレポートを発表した。実行形式型マルウェアやPUA(Potentially Unwanted Application=好ましくないとされるアプリケーション)の検出が減少し、セキュリティ製品の検知を逃れる手口が広まっていると指摘した。

 報告書によれば、実行形式型マルウェアとPUAの検出は3年連続で減少しており、2016年は実行形式型マルウェアが2.5%、PUAが2.6%だった。製品技術本部シニアプリセールスエンジニアの中村多希氏は、こうした減少の背景に「ポリモーフィック型」マルウェアの台頭があると解説した。

実行形式型マルウェアやPUA(迷惑アプリ)が減る一方、シグネチャ型検出を逃れるポリモーフィック型が増えているという(出典:ウェブルート)''
実行形式型マルウェアやPUA(迷惑アプリ)が減る一方、シグネチャ型検出を逃れるポリモーフィック型が増えているという(出典:ウェブルート)

 ポリモーフィック型マルウェアは、マルウェアとしての機能を維持しつつも、コードの一部がさまざまに改変されているもの。従来型のウイルス対策ソフトは、マルウェアのパターンを定義化したシグネチャを用いてスキャンする。攻撃者は、パターンにあてはならないようにマルウェアを改変することで、シグネチャによる検出を逃れる狙いがある。

 中村氏によると、同社製品で検出されたマルウェアの96%が、1度しか出現しておらず、攻撃者がポリモーフィックの手法を駆使して"使い捨て"マルウェアを大量生成している恐れがある。高度な知識が無くても手軽にマルウェアを作成できるツールやサービスの普及が、ポリモーフィック型マルウェアの増加につながっているようだ。

 また実行形式型マルウェアの減少については、メールに添付したり、メールのリンク先サイトからをダウンロードさせたりする攻撃をブロックする対策が有効に機能しているとも分析する。

 一方、マルウェアや脆弱性攻撃ツール、フィッシングサイトなどをホストしている悪質なIPアドレスは3300万以上が見つかった。このうち約88%は、同社の脅威リストへの登録が1回のみというアドレスで、ポリモーフィック型マルウェアと同様に、攻撃者がIPアドレスを使い捨てている様子がうかがえる。一方で、リストへの登録と解除が平均18回というアドレスも約1万あり、攻撃使ったIPアドレスを再利用するケースもあるという。

悪質なIPアドレスのホスト国は、米国や日本、ドイツ、英国などで割合が減少し、ベトナムやインド、ウクライナ、ロシアでは増加している(出典:ウェブルート)''
悪質なIPアドレスのホスト国は、米国や日本、ドイツ、英国などで割合が減少し、ベトナムやインド、ウクライナ、ロシアでは増加している(出典:ウェブルート)

 この他に、フィッシングサイトの84%が平均15時間で消滅しており、長いものでは49時間、短いものでは15分というケースが確認された。フィッシングサイトに悪用された企業やブランドは、ITと金融の2つが大半を占め、ITではGoogleやYahoo、Apple、金融ではPayPalやWells Fargoになりすます攻撃が目立ったとしている。

 ポリモーフィック型マルウェアのような"使い捨て型"の攻撃手法に対して、同社では定義ファイルを使わず、世界中の観測網やユーザー、協業ベンダーなどから提供される脅威情報をクラウド基盤で解析し、短時間で判定できるようにしているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算