2015年のサイバー犯罪は記録的、ランサムウェアが進化した:ウェブルート

阿久津良和 2016年04月20日 13時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ウェブルート脅威レポート2016」が4月19日に発表された。PDF版がダウンロードできる。

 Webroot Threat Intelligence Platform(WTIP)で検知、分析したものをまとめた。WebrootのChad Bacher氏は(製品戦略兼技術アライアンス担当シニアバイスプレジデント)は「2015年はサイバー犯罪における記録的な1年となった」と昨年を振り返った。

Webroot 製品戦略兼技術アライアンス担当シニアバイスプレジデント Chad Bacher氏
Webroot 製品戦略兼技術アライアンス担当シニアバイスプレジデント Chad Bacher氏

 WTIPはインターネットのセンサや世界的な脅威データベース、市場に出荷した製品、Webrootエンジンを採用しているセキュリティパートナー、そしてWebrootのユーザーからデータを収集している。

 その数は270億以上のURLや6億以上のドメイン、40億以上のIPアドレス、90億以上のファイル動作記録、2000万以上のモバイルアプリケーション、1000万のインターネットに接続したセンサにも及び、インターネットの95%を継続的に監視可能にしているという。

 その結果をAmazon Web Services(AWS)に蓄積し、最大エントロピー法(Maximum Entropy Discrimination:MED)による機械学習モデルで分類しながら、マルウェアなどの脅威を検出可能にした。検出率を高めるために継続的に評価、調整しながら、能力を高めているとBacher氏は説明している。

 分類したデータは非常に大きく、現在は8Pバイトに達し、現在も毎日3.5Tバイトのデータが追加されているそうだ。ここから得た情報を自社製品、SDKやAPIという形でセキュリティパートナーに提供しつつ、さらなるデータ品質の向上を目指している。

毎秒2500以上のURLを分類するWTIPの構造
毎秒2500以上のURLを分類するWTIPの構造

 WTIPによる未知の脅威件数も明らかにした。1日に検出する新たな不正URLは2万5000以上。新たなフィッシングサイトは1万1000以上。新たな不正IPアドレスは10万以上。新たなファイルとの遭遇は100万以上。そして10万1000以上のマルウェアと“業務上不要と思われるアプリケーション(Potentially Unwanted Applications:PUA)”を検知し、2014年に比べて大きく増加していると説明した。

 Bacher氏によれば2014年と2015年は、ファイル感染時にランダムな暗号コードで暗号化する手法“ポリモーフィック型”マルウェアが増加し、その割合は97%にも及ぶ。既存のシグネチャ型セキュリティ対策ソフトでは、すでにセキュリティ対策が無力に近い状態であるという。

 ただし、ウェブルートがすべての実行ファイルに対した調査によると、3.7%がマルウェア、7.1%がPUAと判定。2014年調査時の12%から減った理由として、ユーザーが賢くなりインストール時に注意を払った点と、Googleのインデックス機能改善で正しいアプリケーションが検索結果上位に並ぶことを挙げた。これらの対策として、「クラウドベースの機械学習でリアルタイムに保護するソリューションが必要だ」(Bacher氏)と述べている。

 昨今話題に上がるランサムウェアについては、「2015年は(ランサムウェアが)進化した年となった」と説明。米国では病院のシステムがダウンし、通常業務ができなくなってしまった被害が報告されているが、サイバー攻撃者は自身を隠すためにアノニマイザーツールなど利用し、すでにビックビジネスとなったことを明かした。

 ランサムウェア自体も第三者からライセンス提供する“Ransomware as a Service”化し、自身のプロセスを隠蔽する“スレッドインジェクション”など多彩な機能で検知が難しくなっている。そのターゲットはWindowsに限らずMac OS Xにまで及び、2016年も被害が拡大すると予測した。

 Bacher氏はランサムウェア感染からの回復は難しいため、データ管理などを含めたセキュリティ対策とバックアップソリューション、気軽にパスワードを入力させないユーザー教育といった多層防御が必須であると強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化