編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Windows 10」のソースコードが流出--影響は限定的か

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-06-26 12:13


 Microsoftの「Windows 10」のソースコードが先週リークした。だが、さまざまな報道から、このリークがもたらす潜在的なダメージは限定的と言えそうだ。

 コードのリークを最初に報じたのは6月23日付のThe Registerの記事だ。約32テラバイト、圧縮で8テラバイト分の「公式で非公開の(Windows 10の)インストールイメージ」がBetaArchive.comにアップロードされている、としていた(BetaArchiveは、「ベータコレクター向けのコミュニティー」「ウェブ最大のベータ及びアバンダンウェアのリポジトリの1つ」を標榜している)。コードは3月頃に流出したようだと報じている。

 「中身を見た人によると」、リークしたコードはMicrosoftの「Shared Source Kit」で、これには土台のWindows 10ハードウェアドライバ、USBとWi-Fiスタック、ストレージドライバ、ARM固有のOneCoreカーネルコードなどが含まれていると、The Registerは伝えている。

 BetaArchiveはThe Registerの報道後、Windows 10のコードをオフラインにした。ただし、データのサイズについては1.2Gバイトだとしている。

 Microsoftは、「当社でレビューしたところ、(リークした)ファイルは実際にShared Source Initiativeの一部のソースコードであり、OEMやパートナーが使っているものだ」とコメントしている。

 Shared Source Initiativeを通じてMicrosoftは一定の「資格を持つ」顧客、政府、パートナーに対し、デバッグやリファレンスを目的にさまざまな製品のソースコードをライセンスしている。

 このリークについて報じたThe Vergeは、「(リークしたファイルの)コレクションのほとんどが、何カ月も前――場合によっては数年前から入手可能な状態だった」としている。

 さまざまなウェブサイトが指摘しているように、Windows 10のソースコード流出は、英国で2人の男が逮捕された直後のことだ。2人は顧客データを入手する目的でMicrosoftのシステムのハッキングを試みていたとされている。これまでのところ、2人がWindows 10のソースコードリークに関与しているとする報道はない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]