Azureでジョブ管理を改善--マイクロソフトらが新サービス

ZDNET Japan Staff

2017-06-26 16:28

 日本マイクロソフトと日立ソリューションズは6月26日、日立製作所の統合システム運用管理基盤「JP1」ユーザー向けの「ジョブ管理運用改善レポートサービス」を発表した。27日から提供する。

 新サービスは、まずMicrosoft Azureとジョブ管理製品「JP1/Automatic Job Management System 3」を使って、ジョブの稼働情報やサーバリソースの情報を分析、可視化する。日立ソリューションズの技術者が状況を診断し、ジョブの開始遅延といった障害の予測やその対策案を定期レポートで提示する。

 各種情報の分析と可視化には、「Microsoft Operations Management Suite」のログ分析機能「Log Analytics」を利用する。Azureのユーザーインターフェースを活用することで、単位時間あたりの「ジョブ開始数」「実行中のジョブ数」「ジョブの開始遅延時間」などの状況を直感的に把握しやすいのが特徴という。これにより、システム管理工数の削減や 安定稼働、運用の効率化につなげられるとしている。

 サービス利用料は月額9万2000円から。別途Azure利用料(Log Analytics利用料は1GBあたり234.60円)も必要になる。

サービスイメージ(出典:マイクロソフト)''
サービスイメージ(出典:マイクロソフト)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]