Ethereumで3000万ドル超相当の盗難被害か

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年07月21日 11時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ICOの最中に700万ドル以上に相当する仮想通貨Ethereumが盗まれる事件が先週発生したが、そのわずか2日後に別の攻撃が発生し、少なくとも3000万ドルの被害が発生したことが明らかになった。

 Ethereumは暗号通貨の一種で、最近実施されたCoinDashの新規コイン発行による資金調達(ICO)に使用されたが、ICOがスタートした際、ハッカーがCoinDashのウェブサイトを改ざんしたことが原因で、少なくとも740万ドル相当が盗まれた。

Ethereum

 攻撃が実行されたのはわずか数分間で、CoinDashのウェブサイトに掲載された送金用のウォレットのアドレスが、犯人のものと考えられるアドレスに書き換えられていた。そのわずかな間に、投資家が送金した数百万ドルが奪われ、CoinDashは深刻なトラブルに陥った。

 これはEthereumのトレーダーにとって深刻な事件だったかもしれないが、それから48時間も経たないうちに、別の攻撃が発生した。

 Ethereumクライアントの1つを開発している企業Parity Technologiesによれば、同社のクライアント「Parity」のバージョン1.5以降で使用しているコードに脆弱性が存在していたという。

 この重大なセキュリティホールは、wallet.solと呼ばれるマルチシグネチャウォレットのコードに発見されたとされる。少なくとも3つのウォレットがこのセキュリティホールの影響を受け、合計で約3100万ドル相当のEthereumが不正に引き出されたという。

 ただし、仮にウォレットが空になっていても、すべてが失われたわけではない可能性もある。Parity Technologiesの研究者らは、問題を緩和するために、発見できた脆弱性が存在するあらゆるウォレットから通貨を引き出し、脆弱性が存在しないウォレットに一時的に保管しているという。

 本記事執筆時点までに、この方法で37万7000Etherが回収されており、これは7700万ドルに相当する。

 Parity Technologiesは、この問題についてセキュリティアドバイザリを公開している。アドバイザリの最新版によれば、同社のウォレットはすでにアップデートされており、脆弱性の存在しないバージョンがリリースされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算