編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
調査

IoTは製造業関連の「監視・保全・メンテナンス・品質管理」が成長--矢野経調査

NO BUDGET

2017-08-05 07:00

 矢野経済研究所は、7月18日、国内のIoT型センサシステム市場の調査結果を発表した。これによると、2016年度のIoT型センサシステム市場は109.6 万システムで前年度比6.7%増加していることが分かった。

 同調査は、2017年3月~6月の期間で実施された。調査対象は、IT事業者/SIer、通信事業者(キャリア)、デバイスメーカー、公的研究機関、ユーザ企業など。

 この調査での「IoT型センサーシステム」とは、クラウドタイプのセンサネットワークシステムを指す。親機(中継器)と子機(センサノード)で構成される後付けタイプのセンサネットワークシステムや組込みタイプ(生産設備や重機・建機、自販機、車両などに予めセンサが組み込まれたタイプ)のセンサシステムも対象としている。通信回線は、無線(ワイヤレス)だけでなく、有線も利用されている。ただし、センサとデータロガーだけで構成されスタンドアロンで利用されている装置や、スマートフォン等のスマートデバイス、RFID(Radio FrequencyIdentification)システムは含まない。

 2016年度の同市場について、同研究所では、M2MM(Machine-to-Machine:機器間通信)を通信回線に利用したセンサシステムの導入が好調で、MVNO(Mobile Virtual NetworkOperator:仮想移動体通信事業者)の事業拡大によるアプリケーションの多様化も拡大要因としている。


国内IoT型センサシステム市場予測(折れ線は前年度比)

 また、分野別に見ると、セキュリティ関連が46.0%、自動車関連は 36.5%、エネルギー関連が16.1%と、3 分野で98.6%を占めることが分かった。


国内IoT型センーシステム分野別構成比(2016年度)

 2017年度以降について、同研究所では、今後も伸長が続き、2020年度に200万システムを突破し、2021年度には214万2000システムになると予測している。具体的には、作業者向け健康モニタリングなどヘルスケア関連や、全国の都市ガス各社がスマートガスメーターの導入を検討していることから、ガス業界でのセンサシステム導入への期待も大きいとしている。

 将来的に成長が期待できる分野としては、工場・製造関連が挙げられる。この分野では、設備・機器のエネルギー監視、保全・メンテナンス、品質管理といった業務でのIoT型センサシステムの活用が見込まれるという。中・長期的には、CBM(Condition Based Maintenance:状態基準保全)や予防保全、故障予知といったソリューションとしての普及が期待される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]