カスペルスキー、無料のウイルス対策ソフトを世界でリリースへ

Asha McLean (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年07月27日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kaspersky Labが、無料のウイルス対策ソフト「Kaspersky Free」を全ユーザーに提供すると発表した。

 最高経営責任者(CEO)のEugene Kaspersky氏はブログ記事の中で、Kaspersky Freeのインストールが拡大することで、大規模なデータがさらに増加し、機械学習の精度向上を促すため、ユーザー保護機能の品質に好影響を及ぼすだろうと説明している。

 この無料版には、ファイルや電子メール、ウェブのウイルス対策、自動アップデートや自己防衛、隔離といった機能のほか、ブログで言及されていない複数の追加機能など、必須の基本的な機能が含まれるとKaspersky氏は述べている。

Kaspersky Free
Kaspersky Free
提供:Kaspersky Lab

 Kaspersky氏によると、有料版ではさらにペアレンタルコントロールやオンライン決済保護、セキュアなVPN接続といった機能が提供されるため、無料版と競合することはないという。

 ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、中国、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークでは、パイロット段階で既に無料版が提供されている。オーストラリアやニュージーランドを含む一部のAPAC諸国、米国、カナダ、カリブ海諸国、カザフスタンでは、今週リリースされる予定となっている。9月上旬にアフリカ、中東、トルコ、9月下旬にブラジル、中南米、インド、香港で展開される。

 英国、アイルランド、ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、イスラエル、マグレブ、ベネルクス諸国、東欧、日本、韓国では、10月に無料版の提供が開始される。ベトナムとタイでは11月にリリースされる。

 Kaspersky氏によると、パイロットプログラムを実施した地域では、無料版の提供によって同社の市場シェアが「かなり拡大」したという。同氏は、「市場シェアを拡大することが当社の狙いではない。インターネット上で保護のレベルを全体的に引き上げることが目的だ」と説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算