編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日本IBMが運用管理ツール--アプリ性能監視を強化

ZDNet Japan Staff

2017-08-01 17:59

 日本IBMは8月1日、ハイブリッドクラウド環境に対応したアプリケーション性能監視の運用管理製品「IBM Cloud Application Performance Management」を発売した。

 新製品は、オンプレミスおよびクラウドで稼働するアプリケーションの障害や可用性などの監視を一元的に行う。OSやミドルウェア、プロトコル、トランザクション、クライアントの応答など、幅広い領域を監視できるとしている。

 これにより、システム管理者はエンドユーザーが問題に気付く前に、アプリケーションの問題に対して積極的な対応が取れるようになるという。監視状況はダッシュボードで開発担当者と運用担当者が共有でき、速やかに対応できる。レポート出力機能も備える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]