編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本IBMが運用管理ツール--アプリ性能監視を強化

ZDNet Japan Staff

2017-08-01 17:59

 日本IBMは8月1日、ハイブリッドクラウド環境に対応したアプリケーション性能監視の運用管理製品「IBM Cloud Application Performance Management」を発売した。

 新製品は、オンプレミスおよびクラウドで稼働するアプリケーションの障害や可用性などの監視を一元的に行う。OSやミドルウェア、プロトコル、トランザクション、クライアントの応答など、幅広い領域を監視できるとしている。

 これにより、システム管理者はエンドユーザーが問題に気付く前に、アプリケーションの問題に対して積極的な対応が取れるようになるという。監視状況はダッシュボードで開発担当者と運用担当者が共有でき、速やかに対応できる。レポート出力機能も備える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]