編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

グーグルの広告ブロッカー、Android版「Chrome Canary」で試験運用

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)

2017-08-02 11:23

 「Chrome」ブラウザの「Android」向け試験運用版アプリ「Chrome Canary」の最新版は、Googleによるネイティブな広告ブロッカーがどのように機能するのかを示している。

 米国時間7月31日に最新版がリリースされたChrome Canaryは、迷惑な広告をブロックする機能を標準登載する初めてのChromeで、Googleが2018年始めに提供開始を計画している。

 広告ブロッカーの設定は、Chrome Canaryの「サイトの設定」に新たに追加された「広告」セクションから行える。同セクションの見出しの下には、「一部のサイトでブロックされています」といった現在の状態が表示される。


提供:Image: Caschys Blog/Google

 「広告」の設定画面からは、広告ブロッカーが「煩わしい広告がよく表示されるサイト」を対象とし、有効と無効を切り替えるスイッチがあることがわかる。

 Googleは6月、Chromeに広告ブロッカーを導入する計画を明らかにした。これについては、The Wall Street Journal(WSJ)が4月に報じていた

 これは物議をかもす動きとして受け止められている。というのも、Googleはオンライン広告で支配的な立場にあることに加え、ブラウザ世界シェア首位のChromeを通じて競合相手からの広告をブロックする可能性もあるからだ。

 Googleによると、Chromeの広告ブロッカーはCoalition for Better Adsが定める基準「Better Ads Standards」を満たさない広告を非表示にし、Googleによる広告も対象になるという。Coalition for Better Adsは、Googleも参加する広告とオンラインメディアの業界団体だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]