編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Firefox」正式版がWebVR対応に--8日リリースへ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)

2017-08-08 10:15

 Mozillaは米国時間8月8日、ウェブ向けの仮想現実(VR)技術を搭載したバージョンの「Firefox」ブラウザをリリースする計画だ。

 Vladimir Vukicevic氏ら当時のMozillaの開発者は2014年、「WebVR」と呼ばれる構想を取りまとめた。そのコンセプトは、ウェブブラウザで仮想領域を動き回ることを可能にし、あらゆるデバイス上で機能させることで、人々が容易にVR世界を作り出せるようにしようというものだ。

 しかしその後、Vukicevic氏はゲームエンジンメーカーのUnity Technologiesに移籍し、WebVRのサポートではGoogleの「Chrome」ブラウザがMozillaに先行した。Microsoftの「Edge」も4月、Firefoxに先んじてWebVRのサポートを追加した。MicrosoftとGoogleはいずれも、VRおよび拡張現実(AR)を体験できるデバイスを販売しており、VRを普及させる十分な動機がある。

 「WebVRは、『Firefox 55』に搭載される主要なプラットフォーム機能だ」と、Firefoxの最新リリースカレンダーには記されている。「『HTC Vive』および『Oculus Rift』ヘッドセットを所有するFirefoxユーザーは、ウェブでVRコンテンツを体験し、素晴らしいデモを試すことが可能になる」

 PCを使ってウェブでできることは数多く、また、スマートフォンには多くのアプリが揃っている。しかし、VRが普及するには、オンラインでも豊富な仮想体験が提供されなくてはならない。その点でWebVRは、ゲームや観光案内、教育コンテンツなど、興味深い仮想体験をユーザーに供給し続ける上で重要な技術だ。

 しかし、現時点でWebVRの利用には制限がある。Chromeは「Android」版でしかWebVRをサポートしておらず、またEdgeでWebVRを利用するには、ブラウザを開発者モードにする必要がある

 WebVRは、Mozillaにとっても重要だ。近年、FirefoxがChromeの陰に隠れて以降、MozillaはFirefoxの存在感を取り戻し、評判を回復するべく奮闘している。


提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]