インフォシスのCEOが辞任--創業者と確執、「耐え難い雰囲気」

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年08月21日 10時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Infosysの最高経営責任者(CEO)、Vishal Sikka氏が8月18日、突然の辞任を発表した。幹部の間の緊張と自社を取り巻く「耐え難い雰囲気」が理由だと説明している。

 「厳しく、根拠がなく/悪意がある、ますます個人的になる攻撃から身を守りつつ、CEOとしての任務を遂行し、継続して価値を作り出すことはできない」とSikka氏はブログに綴っている。

Vishal Sikka氏
Vishal Sikka氏

 Sikka氏がInfosysのCEOに就任したのは2014年8月で、その前はSAPで初の最高技術責任者(CTO)を務めていた。Sikka氏の着任は、危機的な状態にあったITアウトソーシングのInfosysにとって転機と考えられており、変革に向けたチャンスと見られていた。

 Sikka氏はInfosys変革のために、契約からソフトウェアとプラットフォームにシフトするという新しい成長戦略を敷き、低下していた従業員の士気を高めた。Sikka氏はCEOとして成功したと言って良いだろう。信用を取り戻し、従業員を維持し、最初の2年で売り上げを回復させた。

 しかしここ最近は売上高が思うように成長せず、シニアエグゼクティブへの報酬についての決定について疑問を投げかけた共同創業者のNarayana Murthy氏とSikka氏との間の確執が公のものになっていた。

 「人生は短く、公の場で意見を戦わせる時間はない。これはなんの価値ももたらさないし、貴重な時間を奪うだけだ。数カ月前にも書いたが、事業に集中できず、雑音が増えるだけだ」とSikka氏は書いている。そして、「前に進まなければならない。尊敬しあえて、信頼があり、エンパワーメントできる環境に自分を戻す必要がある」と続けている。

 Sikka氏の退任を受け、Infosysは古くからの従業員で最高執行責任者(COO)のPravin Rao氏を暫定CEO兼マネージングディレクターに任命している。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算