Google Cloud Platform、「Network Service Tiers」発表--2種類のサービス層を用意

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年08月24日 12時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月23日、「Google Cloud Platform」(GCP)の顧客に対し、「Network Service Tiers」として2種類のネットワークサービス層を提供すると発表した。これにより同社は、大手のパブリッククラウドベンダーとして初めて、グローバルネットワークサービスを利用する高品位のサービスか、低価格のサービスかを選択できる柔軟性を顧客にもたらす。

 Network Service Tiersは現在のところアルファ段階となっており、次の2種類のサービスが用意されている。「Premium Tier」は「Google Cloud」を支える同社のグローバルネットワークを使用するサービスだ。一方「Standard Tier」はより低価格なサービスであり、Googleによると他のパブリッククラウドと肩を並べるパフォーマンスを提供するという。

 Googleのテクニカルインフラ担当シニアバイスプレジデントであるUrs Hölzle氏は今回の発表で「われわれはこれまでの18年間で世界最大のネットワークを作り上げており、今ではインターネットトラフィック全体に占める割合が25~30%にのぼっているという報告もある」と述べるとともに、「Premium Tierではこれと同じインフラを利用できる。しかし、パフォーマンスが低くてもより低価格のサービスの方が望ましいというユースケースもあるはずだ。Network Service Tiersにより、アプリケーション単位に最適なネットワークを選択できるようになる」と述べている。

 Premium Tierのネットワークは、世界100カ所以上の接続拠点(POP:Point Of Presence)を結ぶ、Googleの大規模プライベートファイバーネットワークで構築されている。Google Cloudへのインバウンドトラフィックは、エンドユーザーに最も近いPOPからGoogleのネットワークに入り、プライベートネットワークを通じて企業のアプリケーションのもとに送り届けられる。同様に、アウトバウンドトラフィックもプライベートネットワークを通じて最寄りのPOPまで送り出される。


 Premium Tierではパフォーマンスのさらなる向上を実現するために、Googleネットワーク上の任意の2点間を結ぶ経路を少なくとも3つ確保し、冗長性を高めることでパケット損失の影響を低減している。また、Premium Tierはグローバルな負荷分散(GLB:Global Load Balancing)を特長としてもいる。

 Standard Tierは、Googleのネットワークに加えて、トランジットネットワーク(ISPのネットワーク)も併用するため、低価格なものとなる。

 アウトバウンドトラフィックはGCPから(ISPの)ネットワークに引き渡される。その一方、エンドユーザーからGCPに到来するインバウンドトラフィックは、その到達先が存在するリージョン内でのみGoogleのネットワークを通過することになる。つまり、トラフィックが別のリージョンから到来する場合、該当トラフィックは最初にISPのトランジットネットワークを通過することになる。

 Googleによると、Standard Tierの輻輳(ふくそう)やサービスの中断は他社のパブリッククラウドと同程度になるという。一方、負荷分散用の仮想IP(VIP)アドレスといったネットワークサービスは、Standard Tierではリージョンベースでのみ利用可能だという。

 GoogleはStandard TierとPremium Tierの違いを示す例として、Premium TierとStandard TierそれぞれにおけるHTTPトラフィックの負荷分散状況の50パーセンタイル値(中央値)を表示したCedexisのライブダッシュボードの画面を引用している。なお、Cedexisはインターネットパフォーマンスの監視や最適化のためのツールを手がける企業だ。


 Network Service Tiersの一般提供が開始された暁には、北米地域や欧州地域の場合、Standard Tierのアウトバウンドトラフィック料金はPremium Tier料金よりも24〜33%低いものになるという。Premium Tierの通信先に基づく価格は、トラフィックの送信元と宛先の双方に基づいて決定される。その一方、Standard Tierの価格は、該当トラフィックがGoogleのネットワークをさほど使用しないため、送信元に基づいて決定される。アルファ段階とベータ段階にある間は、既存のインターネット下り料金が適用される。また顧客は、ワークロード毎に異なるサービス層を選択することもできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算