編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

藤田保健衛生大学病院、病院情報システムを統合--関連病院と共同利用

NO BUDGET

2017-11-22 18:06

 藤田保健衛生大学病院は、関連施設なども含めて病院情報システムを統合し、2018年6月から順次稼働を始める。同病院のほかに、坂文種報徳會病院、七栗記念病院、岡崎医療センター(2020年4月開業予定)が利用する。

 藤田保健衛生大学病院では、1970年代からIT活用に取り組んでおり、外来・入院診療ともに電子カルテ化を進めてきた。今回は、各病院が個別に構築してきたシステムを統合し、各病院からネットワーク経由で利用するようにした。これによって診療業務の効率化と質的向上、経営の安定化を目指す。

 また、法改正に伴うシステム改修や病院ごとの運用保守に対応しやすくなり、コストの最適化を図ることができる。データ管理や分析の一元化、職員配置の柔軟性など、今後の病院運営の効率化にも貢献すると期待される。

 日本IBMの統合医療情報システム「Clinical Information System(CIS)」を活用。アプリケーション仮想化ソフト「Citrix XenApp」を使ってシンクライアント環境を構築した。地域医療の連携を深めるため近隣の12市町にまたがる22の医療介護施設で設立した法人「尾三会」向けにも利用連携を検討していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]